彩川ひなの 2018年7月5日号

最新技術で完治も不可能ではない 死に至る慢性膵臓炎対策

掲載日時 2017年09月30日 10時00分 [健康] / 掲載号 2017年10月5日号

 「慢性膵臓炎の原因は、長年のアルコールの飲みすぎによるものとも言えます」
 こう注意を促すのは、都内総合クリニック医師だ。
 「アルコールをたくさん摂っていると、膵臓が刺激されて膵液が過剰に作られます。すると、膵臓の中にある膵管に多量の膵液がある状態になり、膵管の中の圧力が上がってしまう。すると、膵液の消化酵素によって膵臓の組織に小さな炎症が起き、その炎症を繰り返すことで膵臓が線維化、破壊されてしまうのです」

 では、アルコールをどのくらい摂っているとなりやすいかは、目安のようなものがあると同院長は言う。
 「だいたい1日に80グラムのアルコールを10年以上摂り続けると、慢性膵臓炎になる危険性が高くなると言われています。ちなみに80グラムは、ビールでは大瓶3本、ワインではフルボトル1本ぐらいで摂取する量です」(同)
 中には、こうした話を聞いて「ならばビール2本なら問題ないだろう」と思う人もいるかもしれない。しかし、アルコールの摂取は糖尿病などの病気とも関係してくるため要注意。また、アルコール依存症を治療している人であれば、アルコール量は1日20グラムに抑えられている。いずれにせよ、慢性膵臓炎を患うような状態は、単体の臓器の病への対応だけではダメだということだ。

 慢性膵臓炎は完治させるのが難しいと言われる。治療法は“膵石”に体の外から衝撃波を当てて砕く方法が広まっているが、手術と比べ体への負担は少ない一方、再発する確率も高いという。
 東京都府中市に住む会社員、大塚尚治さん(仮名=59)は、昨年9月、夜中にみぞおちに激しい痛みを感じた。そこで翌朝、近所の内科クリニックで受診すると、紹介先の大学病院で慢性膵臓炎と診断された。CT検査で膵臓に7ミリの石が見つかったというのだ。
 膵臓は前述の通り、消化酵素を膵液として十二指腸に出し、血液の中の血糖を調整するインスリンを分泌する。慢性膵臓炎になると、何らかの原因で活性化された消化酵素などによって、膵臓自身に炎症が起きる。大塚さんも同じ状況だった。

 入院中の大塚さんは、断酒と脂肪を抑える食事で様子を見ていたが、担当医とコミュニケーションを重ねるうちに、治療は容易ではないと覚悟したという。
 「膵臓炎は飲酒やストレスが原因の一つだと言われました。遺伝性の場合もあるという話でしたが、よく考えると、仕事が忙しく、休みもあまり取れなかった。この病気の特徴として、患者の6〜7割が膵石を持っているそうです。私も同じように膵石がありましたが、それが問題なんです。医者が言うには、膵臓から消化酵素を十二指腸に送り出す膵管を膵石が詰まらせる。そうなると痛みを招くことになり、私も同じ状態。これを放置していると、膵臓の炎症を悪化させてしまい、進行すると膵がんになるという。怖くなって、石を除去しなければ、という思いを強くしました」(大塚さん)

 大塚さんは見舞いに来た知人から、ネットで調べた膵臓炎の治療法を紹介され、衝撃波で膵石を砕くことを知らされた。そこで意を決し、担当医にセカンドオピニオンの相談を持ち掛け、今年3月、名古屋市の藤田保健衛生大学坂文種報徳会病院に入院した。
 同病院の膵石破砕の治療法は、確かに以前の治療とは違った。装置の上の寝台にうつ伏せになった状態で約1時間、3000発の衝撃波を照射する治療を週2回のペースで受けたという。
 そして計6回の治療を終えた後、十二指腸に入れた内視鏡から細長いカテーテルが膵管に抽入され、その後、砕けた石が取り除かれた。
 「石が取り除かれると、何か体が軽くなったような気分になりました。手術をせずに石が取り出せたのは、本当にありがたい。ただ、安心はしていません。再発の可能性もあると言いますから、医師のアドバイスを受け、しっかりと再発防止に努めます」(同)
 治療後の痛みもなく、大塚さんは服薬のほか、断酒、食事制限を続けているという。

 衝撃波で結石を砕くという治療は、腎臓結石や尿管結石では普及しており、一般的にも知られている。ただし、膵石は患者数が少ないためデータが集まりにくいこともあり、公的な医療保険が使えない期間が続いていたが、2013年から適用されるようになった。
 また、全国34施設で'01〜'05年、臨床研究などで実施された膵石患者890人の治療結果を調べたデータでは、石が完全になくなった割合は74.9%で、出血などの合併症も従来の手術と比べ低かった。だが一方で、再発した率は22.2%と、手術の1.5%よりも高いというデータもある。
 こうしたことから、前出の報徳会病院・消化器内科担当医は、
 「膵石の破砕治療は最初の治療選択肢となりえますが、慢性膵臓炎の進行を完全に止められるところまでは来ていません」
 と、説明する。

 国内にいる慢性膵臓炎の患者は、厚生労働省研究班の推計によると約6万7000人余り。腹痛で受診しても胃腸の検査では見つからないため、発見したときは進行している場合が多い。日本消化器病学会などは、「より軽度な段階から生活改善や服薬を始める」取り組みを進めている。慢性膵臓炎の早期発見のため、大学病院の研究グループなどとともに、それまでの基準を広げた早期の診断法も作成している。
 九州大学大学院医学研究院病態制御内学科の教授は、こう語る。
 「'10年までに診断された早期慢性膵臓炎患者(52人)を追跡調査したところ、服薬や生活習慣の見直しで5割の患者の症状が改善しました。反対に、飲酒を続けていた患者は悪化していることも分かりました。これで、アルコールは完全に辞めないと改善しないことが明確になった。ただし、慢性膵臓炎は治らない病気と言われてきましたが、早く見つければ治すことも可能なのです」

 慢性膵臓炎には、新しい薬が加わるなど、治療の選択肢は増えているという。検査についても、超音波内視鏡検査ができる医療機関もある。町の医者で診断された場合は、あらゆる完治方法を探るべきだ。

健康新着記事

» もっと見る

最新技術で完治も不可能ではない 死に至る慢性膵臓炎対策

Close

▲ PAGE TOP