RaMu 2018年12月27日号

テレビバラエティー界をジャックする内村光良の驚きの年収額

掲載日時 2018年10月31日 21時30分 [芸能] / 掲載号 2018年11月8日号

テレビバラエティー界をジャックする内村光良の驚きの年収額
内村光良

 今、お笑い界で事実上の年収№1芸人と言われているのが『ウッチャンナンチャン』の内村光良(54)だ。あの、明石家さんまや所ジョージ、ビートたけし、揚げ句はダウンタウンをも収入面で抜き去ったと、もっぱらの評判なのだ。

 内村のその仕事っぷりだが、54歳という年齢をまったく感じさせないという。
「現在、レギュラー番組は『内村さまぁ〜ず』(東京MX)、『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)、『スクール革命!』(日本テレビ系)、『世界の果てまでイッテQ!』(同)の4本。これに、『うわっ!ダマされた大賞』(日テレ系)、『笑神様は突然に…』(同)、『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』(NHK)などの特番が加わるんです」(制作会社プロデューサー)

 さらに、この10月からはゴールデン&プライム帯で新たに2本のレギュラー番組がプラスされたという。
「1本は日本テレビの『THE突破ファイル』。もう1本が、テレビ東京の『そろそろ にちようチャップリン』。不況と言われるテレビ界で、これほどレギュラーが増える例はあまりないですよ」(芸能プロ関係者)

 とはいえ、レギュラー本数だけを比較した場合、“坂上忍やマツコ・デラックス、有吉弘行には及ばないのでは…”と言った声が聞えてきそうだが、
「本数は負けているが、テレビは芸歴がモノをいう世界。単純に本数だけでは比較できないんです。しょせんマツコや有吉、坂上が頑張ったところで内村の足元にも及ばない。坂上に関しては、子役からのキャリアはあるが、問われるのはバラエティー界の芸歴です。この点でいえば、坂上は有吉よりもキャリアがない」(放送作家)

 事実、出演料を比較すれば、その差は歴然だという。
「有吉やマツコ、坂上のギャラは、どんなに高くても200万円〜には達しない。それに対して内村は1本300万円〜。この出演料は、安いと言われる日テレやローカル局のテレ東も支払っている。ちなみに、フジは400万円〜。特番は、この金額の2〜3倍。単純計算で、内村の年収は5億円を楽々超えるんです」(制作会社プロデューサー)

 さらに、内村のもとには、レギュラー番組がないテレビ朝日やTBSからもオファーが舞い込んでいる。
「TBSはコント番組、テレ朝は情報バラエティー番組の司会です。特にテレ朝は、妻でフリーアナの徳永有美を『報道ステーション』に起用し、内村サイドとのパイプを太くした。因縁があるテレ朝だが、年明け早々、もしくは4月から、新番組がスタートする予定とか」(テレビ関係者)

 内村の快進撃ぶりに、税務署も興味を示しているというから、ほどほどに。

関連タグ:芸能マル秘報告


芸能新着記事

» もっと見る

テレビバラエティー界をジャックする内村光良の驚きの年収額

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP