葉加瀬マイ 2018年11月29日号

オートレース 山陽オート特別GIプレミアムカップの展望

掲載日時 2017年03月17日 15時00分 [エンタメ] / 掲載号 2017年3月30日号

 難易度はSG以上とも称される特別GIプレミアムカップ。3月18日から山陽オートで開催される。今回はこの5日間の優勝戦線について、有力選手を中心に探っていきたい。

 全国列強の中でも、優勝候補最右翼とみたいのが永井大介だ。
 昨年、川口へと移籍してから動きは一進一退。ただ、ここに来て愛車は高回転を示している。「ドドドが酷いけど、これが治ればエンジンは久々いい」と、表情も穏やかだった3月初旬。様々な対策を施して地元GIは初日に好調時を連想させるスピード豊かなレースが見られた。そのGIの結果も気になるが、今回は優勝候補筆頭に推したい。

 その永井にとって最大のライバルは、昨年のMVP・鈴木圭一郎。近況は決して抜群とは言えない状態だったが、大幅なパーツ交換を施し覚醒。川口のGI初戦では圧倒的な強さで本格化を窺わせた。オープン戦が予想される今回は、かなりの確率で優勝争いに絡んできそうだ。
 また、復調している浦田信輔も手強い。昨年、怪我から復帰後は本来の姿からは8割程度の強味だった。しかし、地道に仕上げ2月の伊勢崎GIIを制覇。今は全快ムードといっていい。
 他にも木村武之、若井友和、早川清太郎、岩崎亮一の状態はMAXに近いので有力。
 対してやや不安なのが青山周平、橋貢。特に青山の状態は深刻で、劇的な変化が要求される。リズムも一息で、直前の川口GIの結果も考慮しながら評価してみたい。

関連タグ:公営ギャンブル


エンタメ新着記事

» もっと見る

オートレース 山陽オート特別GIプレミアムカップの展望

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP