石田ゆり子 セクハラ大魔王・明石家さんま嫌いで共演NGへ

芸能・2019/10/06 21:45 / 掲載号 2019年10月10日号
石田ゆり子 セクハラ大魔王・明石家さんま嫌いで共演NGへ

石田ゆり子

閉じる

 女優の石田ゆり子(49)が、明石家さんま(64)に「共演NG」を突きつけた! さんまの「セクハラ大魔王」ぶりに、嫌悪すら抱いているというのだ。
「石田は、以前からさんまを苦手としています。ズバズバ聞いてくる物言いと、弾丸スピードの喋りが彼女のペースを崩すのか、長いこと共演依頼を断ってきたというのです。しかし先日、その禁を破って共演したところ、絶望的に嫌いになったようです」(芸能記者)

 彼女は9月13日、バラエティー番組『さんまのまんまSP』(フジテレビ系)にゲスト出演。さんまは石田のほか、広瀬すず(21)らに放ったトーク内容は、それこそ「セクハラ大魔王」そのものだったという。
「最近のさんまは“お笑い老害”とも揶揄されているほど、トーク内容も過激さがエスカレートする一方。芸能界だけでなく、女性視聴者からもデリカシーがないと言われています」(同)

 事実、女性不人気を証明するデータもある。情報マガジン『日経エンタテインメント!』の8月号では「好きな芸人 嫌いな芸人 2019」ランキングを発表。それによると、さんまは「嫌いな芸人」で1位だった。
「番組では、すずに『結婚しよう』と冗談めかしながら口説きましたが、あれは本音ですよ。すずも『ちょっと…』と言いながら、だいぶ引いていましたね」(テレビ雑誌編集者)

 ただ、この日の本命はやはり石田だった。石田は同番組に17年前に出演しているが、それ以降、ピタリと出ていなかった。
「前にも男性関係を速射砲のように聞かれ、石田が気分を害したのが疎遠になった理由のようです。ところが今回、再び出演したものの、前よりもヒドかったため、今後は共演NGを決めたそうです」(同)

 とにかく、石田とのトークは最悪だったと評判。独身の石田に対し、「おいくつ…」「一度も結婚なさらず…」「妹さんは結婚されてますよね」「なぜこんなキレイな人を独りぼっちにさせたんでしょう」と、暴言放題だったのだ。
「普通の会社だったらクビですよ。一説には、カトパンこと加藤綾子(34)にフラれたために石田を狙うも、脈がなさそうなのでネチネチと口撃したとも囁かれています。石田がショックを受けたのは、間違いないです」(芸能プロ関係者)

 60歳で芸能界引退を公言したさんまだが、異性交遊も潮時か?

関連記事
関連タグ
芸能新着記事