森咲智美 2018年11月22日号

股間ビンビン! 女子アナ13人「エロざんまい」新春ランキング(3) 松尾由美子、宮司愛海、宮澤智、和久田麻由子

掲載日時 2017年01月22日 20時00分 [女子アナ] / 掲載号 2017年1月26日号

 6位はテレビ朝日の妖艶熟女・松尾由美子アナ(37)だ。彼女は'11年、新潟の旅館で大学時代の後輩と密会したことが男性週刊誌に暴かれてしまう。
 「その後輩の前は、不倫疑惑もありました。社内で発覚したことで強制破局。ウサ晴らしで後輩を呼び、新潟旅行に至ったというのです」(週刊誌記者)

 報道後は、後輩とも決別。それ以後、松尾アナに男性の影は見えないが…。
 「実は、今度はまた別な上司との関係が噂されているんです。マスコミが目を光らせているので、今年は新潟スキャンダル以上の騒動がありそうですね」(同)

 7位が、フジテレビの宮司愛海アナ(25)。そして8位は、同局の宮澤智アナ(26)だ。
 2人は、カトパン同様に、日ハム・大谷の大ファン。宮司アナは、現在、早朝の情報番組『めざましテレビ』の司会を担当。昨年9月、番組内で軽部真一アナがスポーツ新聞紹介で「さあ、宮司さんがファンの大谷選手ですよ」と言うと、宮司アナは突然、顔を赤らめたという。
 「宮司アナは単独ではないものの、過去に2度、大谷を取材している。それ以来、1人の男として、エロ眼鏡で見ているんです」(フジテレビ関係者)

 そこに待ったを掛けたのが宮澤アナだ。彼女は昨年4月に放送された『すぽると!』で大谷を一番に取材している。
 「これまでの順番からいうと、宮澤アナ、宮司アナ、カトパンの順で大谷に取材している。カトパンは筒香&大谷の両者を狙っていますが、宮司アナと宮澤アナは大谷1本。完全な“三つ巴”です」(スポーツ紙記者)

 9位はNHKから和久田麻由子アナ(28)だ。彼女は東大出身の才媛。本誌がイチ早く取り上げた彼女は現在、『おはよう日本』のMCとして連日登場。露出度は高いが、浮いた話はない。
 「『週刊実話』が2年前に“本処女”と書いたので、局もしっかりガードしています。女子高出身で、大学時代は男子ラクロス部のマネージャー。こういう子は、なかなか手が出せない。本人も『男性と付き合ったことがない』と周囲に言っているそうです」(NHK関係者)

 しかし、今年はスキが見えてきたという。
 「大きなピアスをつけたりするなど、すごくイロっぽくなったんです。それだけに、近いうちに必ず写真誌に撮られるでしょう」(同)

女子アナ新着記事

» もっと見る

股間ビンビン! 女子アナ13人「エロざんまい」新春ランキング(3) 松尾由美子、宮司愛海、宮澤智、和久田麻由子

Close

WJガール

▲ PAGE TOP