美女ざんまい「実話劇場」 沢地優佳インタビュー

芸能・2020/06/02 12:00 / 掲載号 2020年6月11日号
美女ざんまい「実話劇場」 沢地優佳インタビュー

沢地優佳

閉じる

 あの「赤ひげ薬局」の元イメージガールとして、男性誌などでよく見かけた沢地優佳。現在は美容インストラクターやデビュー前のグラビアアイドルをプロデュースするなど、マルチに活躍しているという。爆乳フェロモンをまき散らしていた彼女も今は45歳。完熟ボディーの秘密に迫る――。
沢地 男性自身を元気にするドリンクなどを売っている赤ひげ薬局さん。訪れたことはなくても、広告などで名前はご存知ですよね? 実はあの広告、たった1回の撮影だったのに長〜く使っていただいて…。おかげさまで、私のイメージ=赤ひげ薬局になっちゃいましたね。
 水着のセクシー美女が精力剤を宣伝する雑誌広告といえば、沢地優佳が真っ先に思い浮かぶほど、その印象は強烈だった。最高のプロポーションを持ち、45歳の今も維持する彼女。聞けば、当時はGカップだったおっぱいが奇跡の大成長を遂げ、現在は驚きのIカップになっているんだとか。

――’07年にいったんは引退し、’14年に復帰したそうですね。その間は何をしていたんですか?
沢地 イベントのMCやモデルなど、芸能的な活動は続けていたんです。久しぶりにDVDを出させていただいたのが’14年(『ピローズ・トーク〜あなたのそばで〜』竹書房)でしたので、世間的には復帰なのかな? 一時期はレポーターやMCの仕事をやりつつ、後進を育てるスクール的な活動も行っていたんです。通ってくる生徒さんは50人くらいいました。一昨年にも久々のDVDを出したのですが、露出は相変わらずのギリギリ路線。手ブラとかニプレスまででした。

――秘湯をめぐる作品だったとか?
沢地 はい。浴衣や泡を衣装(?)にして、寸止めセクシーで頑張ってました。昔からヌードだけはやらずに続けてきましたが、お話のある限りグラビアは続けていこうと思っています。もしかして、この年でグラドルをやってるのは最年長じゃないですか?

――そうかもしれません。そして、つい最近もDVDを出したんですよね?
沢地 週刊実話さんでもグラビアで取り上げていただいたのですが(4/23日号)、今回のテーマは「初めての熟女」だったんです。

――初めて?
沢地 意外にも熟女設定はやったことがなかったんです。かといってロリでもないんですけど…。好きな男性を亡くして思い出の旅館を旅するという内容で、喪服を着て登場しています。それを徐々に脱いで…というシーンが見所かな。

――彼のいない寂しさで自分自身を慰めるとか?
沢地 残念ながら、そういうシーンはないんです。おかしなもので、実際に熟女をやってみると、思ったよりも脳内が成長していない自分に気づいてしまいました。円熟したエロチックさを表現したかったのに、私には内面から湧き出るような色気が足りないみたいなんです。

――そうなんですか? 赤ひげ薬局のイメージがあるから、私生活でも精力絶倫なのかと思っていました。
沢地 それが、とんでもなく地味なんです。この年になると、異性愛よりも人間愛に目覚めちゃってるなと思うほどです。

――これだけの迫力ボディーなんだから、モテないハズがないのに。
沢地 嬉しいことに、街で年下の男の子にナンパされたりもするんですよ。先日は20代の子で「中学生の時に父親が見ていたスポーツ紙で知りました。以来、記事をスクラップして集めています」という方もいましたね。少しでもいいからお話ししたいと熱心に口説かれちゃいました

――で、どうしたんですか?
沢地 お話はしましたけれど、それ以上はとても無理でした。年下の男の子というだけで、聖域というか、触れてはいけない存在というか。人様の大事なお子様と思うと、傷つけたらどうしよう、壊しちゃったらどうしようと思っちゃって。

――なんだか、中年オヤジが10代の生娘に言うようなセリフですね(笑)。四の五の言わずに襲っちゃえばいいのに。向こうにとってはウエルカムでしょう。
沢地 えぇ〜っ。そうなんですかね!?

★過去最大露出&最大エロス

――これだけ艶っぽければ、いまだにヌードのオファーもあるのでは?
沢地 実はあるんです。昔、写真集を撮っていただいたカメラマンさんにバッタリお会いしたりすると『どう?』なんて言われるんですけど、今後もまだまだ出し惜しみしていきたいかなと(笑)。コロナ禍で延期になってしまいましたが、6月には最新のDVDも発売される予定だったんです。今度のテーマは「濃厚接触」。私が女医さんに扮して患者さんを癒やしていく…という設定です。色んな反省を踏まえて、過去最大露出&最大エロスを実現したいと思っています。楽しみにお待ちくださいね。
 彼女の健康美には、ちゃんとした理由がある。中国拳法の使い手で、’03年には全国大会で優勝したほどの実力者なのだ。もしかして、それがおっぱいの成長に影響してたりして?
沢地 そうなのかなぁ。自分でマッサージしたり、ある程度の筋トレなどはしていますが、特に胸が大きくなるような運動はしていないんですよ。なのに、サイズは108センチまで成長してしまって…。久しぶりにお会いしたスタッフさんには本当に驚かれます。

――他人にも揉まれてない?
沢地 そこが悩みの種なんです。もしかしたら、この胸のせいで彼氏ができないんじゃないかと真剣に思いつめたこともあります。大きすぎて怖いとか、持て余してしまいそうと怖じ気づかれちゃうとか…。男の人ってそういうところがあるらしいですよね?

――言われてみればそうなのかも…。まずはDVDで見て、できれば生身のボディーも拝んでみたいですね。そういう人はどうすればいいですか?
沢地 次のDVD発売に合わせて、水着の撮影会をやる予定です。ブログで告知をしますので、よかったらいらしてください。以前にやった時には、延べで100人くらいの方が来てくださいました。昔からのファンだという方もいれば、23歳とか、私の現役時代を知らない方もいらしてくれて、本当に嬉しかったです。

◆さわちゆうか 1975年4月8日生まれ。A型。1994年デビュー、赤ひげ薬局のイメージガール出演は28歳頃だった。T167、B108・W60・H89センチ。発売中のDVDは『Legend〜桜影〜』(スパイスビジュアル)。

関連記事
関連タグ
芸能新着記事