彩川ひなの 2018年7月5日号

“いち芸人として” R-1王者・濱田祐太郎 優勝後の心境を語る

掲載日時 2018年03月08日 13時12分 [芸能] / 提供元 リアルライブ

3月7日に放送された『ノンストップ!』(フジテレビ系)に、3月6日放送の『R-1グランプリ』(フジテレビ系)で優勝した盲目のお笑い芸人・濱田祐太郎が出演。優勝から一晩明けた現在の心境を語った。

 まず、バナナマンの設楽統は「優勝した実感とか(ありますか)。少し時間が経ちましたけど」と話を振る。濱田は「まだ、信じられない気持ちのほうが強いですね。本当に『僕で(優勝者が)良かったな』って気持ちは…」とまだ優勝の実感がわいていない心情を明かした。

 濱田は続けて、「(決勝のネタで)自分でも納得できないところがあった」と、決勝のネタ中に噛んでしまったことを悔いた。「(優勝決定後の)記者会見でも言ったんですけど、来年も出場して納得できるしゃべりを(したい)」と、早くも来年への抱負を口にする。

 また、優勝賞金500万円を得たことで設楽は「(芸人)仲間にごちそうしたりするの?」と聞いた。濱田は「吉本っていうのは先輩が後輩におごるっていう伝統がある。これからしばらくは先輩としか会わないようにしようかな」と答え、スタジオ内の笑いを誘った。

 決勝前の記者会見で「他の障がいを持った方を勇気づけたいという思いは?」と記者から質問された際、濱田は「特にないんですけどね。そう思われがちなんですよ。お笑いを通して障がい者への偏見をなくすため、勇気づけるためにやっているのではと(思われる)」と首を横に振った。

 「僕のネタを見て勇気づけられるのであれば、障がいがあってもなくても構わない」と“障がいのある芸人”としてではなく“いち芸人”として舞台に上がる強い覚悟を口にしていた。

 だが、優勝は濱田の思惑には関係なく、障がいを持つ多くの人に勇気を与えただろう。

 今後はさまざまな番組に呼ばれ、芸人としての腕を試されるはずだ。ネットでは「濱田の優勝は同情票なんじゃないか?」という意見も少なくないが、世間の声には負けないでほしい。濱田がお笑い界でどのように戦っていくのか注目しよう。

関連記事
R-1優勝の全盲芸人・濱田祐太郎に女性ファン急増 イケメン俳優に似てる?
ホリエモン「R-1」1回戦突破は必然、話題作り?
M−1王者まで…芸人が活躍するナレーション業界
「不自然なほど映らない…」桂文枝、審査内容すら好感度のためと批判される
“理想の上司”1位、内村光良!干されてから這い上がるまでの復活劇

芸能新着記事

» もっと見る

“いち芸人として” R-1王者・濱田祐太郎 優勝後の心境を語る

Close

▲ PAGE TOP