葉加瀬マイ 2018年11月29日号

水泳部の監督にムダ毛処理を頼むとアソコの処理で興奮&潮吹き! (麻美さん=仮名・21歳・女子大生)

掲載日時 2018年09月07日 23時30分 [エンタメ] / 掲載号 2018年9月13日号

 うちの水泳部監督は選手に光脱毛をやってくれるから、すごく人気があります。

 水泳選手は腋を見られることが多いので、永久脱毛したいけど、時間もお金もかかるから、誰もがカミソリで自己処理です。
 だけど、赤くなったり黒ずんだりするから、みんな悩んでいるんです。そんなニーズに応えたのか、監督は高額な機械を私たちのために購入し、マッサージの後にムダ毛処理までしてくれるんです。

 というわけで、私も脱毛をお願いしました。言われた通り、練習用の水着を中に着て教授室に入ると、仰向けに寝かされました。
 ピカッと光って一瞬痛くなりますが、それが何となく快感で、腋と額がジワッと汗ばんできます。一通り腋の施術が終わると、監督は私の下半身をじっと見つめてこう言いました。
「あれ? だいぶ剃り跡が目立っているな。ついでにここもやっておくか?」
 確かに、アソコの毛が濃いのが劣等感だったので、お願いしました。水着を少し引っ張ると割れ目に食い込み、すごく恥ずかしかったです。
 ピピッという電子音とともに光を照射されると、そこが性感帯なのか、体が軽い痛みに反応してビクンと跳ねました。競泳用の水着は薄いので感じて濡れたせいか、丸く大きなシミが浮き出てしまい…。
「マッサージしてあげようか? 健康な女子ならムラムラすることもあるよね?」

 私が興奮したのを悟った監督は、割れ目に中指を当てました。「して」とも言えず、無言で顔を赤らめたのがOKのサインです。
 もうそこは信じられないほど潤っていて、監督は左手で水着をずらし、右手中指を中に入れました。
 最初はGスポットを圧迫されてオシッコが漏れそうな不思議な感覚に「うっ」と声を漏らすと、今度は子宮口周りをキツツキみたいに指で何度も突くんです。
「これがポルチオっていう感覚だ。分かるか?」
 それから指2本挿入され、ポルチオとGスポットを交互に圧迫します。だんだん高まってきて子宮がグイグイ下向きに動きます。
「いや、何か出ちゃう!」
 だんだん膨らんできたGスポットをグイッと押されたら、絶頂感と同時にピュッと何か液体が飛び出しました。あまりの快楽にもうグッタリです。ここに通っている選手は、脱毛よりこっちが目的かも。
(書き手・奈倉清孝)

関連タグ:官能小説


エンタメ新着記事

» もっと見る

水泳部の監督にムダ毛処理を頼むとアソコの処理で興奮&潮吹き! (麻美さん=仮名・21歳・女子大生)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP