中島史恵 2019年6月6日号

石原裕次郎さんの三十三回忌後に重大発表がありそうな石原プロ

掲載日時 2019年04月23日 06時41分 [芸能] / 提供元 リアルライブ

 肺気腫で闘病中の俳優・渡哲也が、俳優業引退と所属する石原プロモーションを畳む決断をしたことが一部で報じられた石原プロだが、今年7月17日に創業者・石原裕次郎さんの32回目の命日を迎える。
裕次郎さんといえば、ちょうど10年前の09年7月5日に東京・国立競技場で行われた二十三回忌法要イベントが開催された。

 「抽選で5万人に焼酎と写真集をプレゼントする羽振りの良さで、約12万人が来場。ド派手な演出もあり、かかった金は30億円とも言われていた。当時、プロジェクトを主導していたのは名物専務(故人)。その専務は当時、今年の三十三回忌法要について、『東京競馬場でやれば、20万人は呼べるな。ダートコースにも入れれば、60万人はいけるよ。金は50億円はかかるな』とぶち上げていたが、もはや会社にそんな金はない」(テレビ局関係者)

 かつて、石原プロといえば、新年会で出席者に現金で1万円を配ったり、大規模な炊き出しを行うなど話題になっていたが、最近、景気のいい話も聞こえて来ていない。

 「16年の熊本地震後、現地で炊き出しを行ったが、その際、ジャニーズ事務所から当時SMAPだった木村拓哉らも参加。その際、SMAPの分裂・解散騒動でイメージダウンしていたキムタクのイメージアップのため、ジャニーズの資金援助があって実現したようです」(芸能記者)

 どうやら、このままだと、裕次郎さんの三十三回忌は大規模なイベントの開催はなさそうだが、重大発表がありそうだというのだ。

 「会社を畳むことはなさそうだが、確実に業務は縮小することになりそう。おそらく、所属タレントがいなくなり、裕次郎さんの版権管理が業務の中心になるのではと言われている」(同)

 ファンも関係者も注目すべき三十三回忌となりそうだ。

関連記事
石原プロが年内解散報道 記念館は閉鎖、“21世紀の石原裕次郎”はどうなった?
渡哲也松竹梅新CMがオンエア 過去の激怒事件とは?
“怒っている人”はこうやって鎮める! 企業のクレーム対応、プライベートでも応用可能\?
ついに所属タレントがプロレス参戦 話題のCM、人気ドラマからもわかる石原軍団の“苦境”
石原軍団の俳優2人が全日本プロレスでプロレスデビュー!11.3後楽園ホールに参戦

芸能新着記事

» もっと見る

石原裕次郎さんの三十三回忌後に重大発表がありそうな石原プロ

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP