葉加瀬マイ 2018年11月29日号

ボートレース 公私ともに充実の“新進気鋭”村上遼に注目!

掲載日時 2016年06月04日 18時00分 [エンタメ] / 掲載号 2016年6月9日号

 小柄で、ルックスは藤井フミヤ似の若手ボートレーサーがいる。長崎支部の村上遼だ。昨年の最優秀新人賞を受賞した売り出し中の新進気鋭である。

 村上は昨年4月に同期の西澤日花里と結婚。12月には第一子の男の子が誕生し、公私ともに充実している。現在のランクはA2級。ポテンシャルから考えればA1昇格は時間の問題だろう。そんな村上の大きな目標が、9月に常滑で開催されるプレミアムGIヤングダービー出場である。
 「出たいです。今の自分はもっとプロペラの調整力が必要ですし、リズムが崩れた時の軌道修正する対応力が必要です」と自己分析。
 5月15日現在でのヤングダービー選考順位は62位(本誌独自調べ)であり、ボーダーラインとなる52位へはさらなる勝率アップが求められるが、十分圏内といえる順位であり、勝率だ。

 そんな村上を「皆から好かれる性格だし、吸収力は抜群。まるでスポンジのようだよ。(下條)雄太郎や(石橋)道友からも教えてもらっているし環境もいいね」と師匠である飯山晃三は言う。「このまま行けばSGに出られる選手にはなる」と師匠も太鼓判を押した。

 目標とする選手は? の問いに「太田和美さんのようなレーサーになりたいです。スピードだけでなく、上手さも兼ね備えた選手に」

 発展途上だが、見据える先のハードルへ日々、勝負となる村上の今後の戦いぶりから目が離せない。

関連タグ:公営ギャンブル

エンタメ新着記事

» もっと見る

ボートレース 公私ともに充実の“新進気鋭”村上遼に注目!

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP