林ゆめ 2018年12月6日号

橋下徹、羽鳥慎一の名前が急浮上「報道ステーション」番組刷新(2)

掲載日時 2017年03月17日 12時00分 [芸能] / 掲載号 2017年3月23日号

 もう一つ、決定的な理由があるという。
 「あまり言いたくありませんが、世の中が不安になったり、不幸な出来事が起こらないと『報ステ』の視聴率は基本アップしないんです。富川アナになってからこの傾向はますます顕著ですね。もっとも、久米宏や古舘の時は大事件が起きると、さらに視聴率がアップし、コンスタントに13〜15%台はキープしていた。これは言い換えれば、富川アナにキャスターとしての地場というか底力、魅力が乏しいことの証左になるんです」(放送作家)

 確かに、『報ステ』の週間視聴率がシングルだった1月の2〜3週には大した事件&事故は発生していない。だが、週間視聴率が2桁台をキープするようになった1月4週から2月の1、2週には皮肉にもトランプ大統領の就任式や女優・清水富美加の『幸福の科学』出家騒動、金正男氏の暗殺事件などが勃発している。
 「富川アナは、端正な顔立ちの毒のない局アナだということ。残念ながら海千山千の久米、古舘の芸当は到底マネできない」(制作会社幹部)

 富川アナの“引き際”の時期が囁かれる中、改めて耳目を集めているのが、後任キャスターと番組出演者の布陣だ。
 「芸能界のドンと言われる人物の後ろ盾がある“バード”で決まりだ。早河会長も、富川アナの価値をこれ以上貶めたくない。泣く泣く降板を内諾したという話だ」(芸能プロ幹部)

 この幹部が語る“バード”とは、『モーニングショー』で司会を務める羽鳥慎一(45)のこと。
 「羽鳥を起用すれば、ワンセットでついて来るのが橋下徹前大阪市長(47)だ。羽鳥は橋下を月〜金曜通してのコメンテーターに強く推すだろう。さらに、曜日毎にマツコ・デラックスや同じ事務所に所属する宮根誠司らの起用などを考えているようです。さすが日テレで鍛えられただけあって、視聴率を取りにいく術を知っている」(前出・制作会社幹部)

 羽鳥を大抜擢することで、起きるのがフリーアナ界の地殻変動だ。
 「羽鳥が『報ステ』のメーンキャスターを受けた場合、誰が『モーニングショー』を引き継ぐかでパイの奪い合いが起きる。TBSの安住紳一郎アナや日テレの桝太一アナらが“ここがチャンス”とばかりにフリーに転身する可能性も出てくる。人気や実力のないフリーアナは、間違いなく淘汰される戦国時代に突入するでしょう」(前出・事情通)

 富川アナもフリー転身を言い出したりして…。

関連タグ:報道ステーション


芸能新着記事

» もっと見る

橋下徹、羽鳥慎一の名前が急浮上「報道ステーション」番組刷新(2)

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP