島田紳助が沖縄本島に秘密の安アパート

芸能・2010/04/22 00:00 / 掲載号 2010年5月6日号

 “テレビ界の新帝王”の島田紳助(54)が沖縄本島のリゾート地に安アパートを借りていることが明らかになった。「密会用か」「投資目的か」と地元住民の間で噂になっている。
 「紳助がバラエティー番組でゴルフマッチをやったんです。その時に、キャディが『このゴルフ場の近くに紳助のアパートがある。それも家賃2万円もしないような安いアパートを借りている』と話していたんですよ。そのキャディの言う通り、アパートはありました」(マスコミ関係者)

 件のゴルフ場とは、紳助が司会を務める『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ)のスペシャル番組で使われた沖縄国際ゴルフクラブのこと。
 「沖縄国際ゴルフクラブは、本島の最大ゾート地といわれている恩納村にあるんです。ムーンビーチをはじめ、高級コンドミニアムがいくつもある。紳助の後輩のナイナイの岡村隆史は『ジアッタテラス』というゴルフ場近くのコンドミニアムを、ビーチでナンパした女性とよく利用していたことがありました。紳助クラスだと、超豪華な別荘を持っていてもおかしくありませんけどね」(お笑い関係者)

 紳助は司会だけでなく『羞恥心』他のプロデュース印税も入ってくることから、年収20億円以上と見られている。
 「他にもビルを所有し、飲食業も成功している。株や不動産投資もやっていますからね。合わせると年収は40億円を下らないと思いますよ」(親しい番組プロデューサー)

 リゾート地にホテルを立てるほどの資産がありながら、安アパートを借りている紳助。
 「安アパートには女性を連れ込めません。紳助は沖縄本島への合法カジノ開設を見込み、不動産の先行投資を狙い、事務所代わりに借りているのでしょう」(芸能関係者)

 紳助が沖縄・石垣島に喫茶店『トムル』を経営していることは有名な話。
 4月からスタートした『紳助社長のプロデュース大作戦』(TBS)では宮古島を盛り上げる企画まで立ち上げている。
 「吉本興業のお笑いコンビ『レギュラー』を宮古島に移住させて、島興しのために民宿を作るという企画なんですが、紳助が宮古島でビジネスをするための布石じゃないかと疑われているんです。番組の私物化と言われようが、吉本の上層部でさえ、今の紳助のやることには逆らえませんからね」(お笑い関係者)

 先の“沖縄合宿”で紳助を目撃した沖縄料理店主の話。
 「カメラが回っていない時は、スタッフに威張り散らして嫌なやつですね。紳助みたいな男に、恩納村のリゾート地を荒らされたくありませんよ」

 沖縄でも裸の王様か。

関連記事
芸能新着記事