氷川きよし“インスタ開設日11月18日”をいぶかしむ熱心なファンたち

芸能・2019/11/20 21:30
氷川きよし“インスタ開設日11月18日”をいぶかしむ熱心なファンたち

氷川きよし

閉じる

 歌手の氷川きよしが11月18日、公式インスタグラムを開設した。同日、東京・池袋のサンシャインシティでイベントを行った氷川は、メークをした中性的な姿のオフショットを披露。「池袋サンシャインシティでのイベント終わりました! 来て下さった皆様ありがとうございました! 来れなかった皆様、またどこかでお会いしましょう!」とコメントした。

 ネット上では、
《いよいよ公式インスタグラムの開設ですね。期待してます!》
《うわーこれは何とも女性的な写真。まさに、きよこ!》
《きよこ節全開だな。もはや、女性であることを隠してないぞw》
《ロック調似合ってる! かっこいいです》
 など、ファンから歓喜の声が上がった。

「ここ最近の氷川はビジュアル系のロックミュージシャンを思わせる楽曲『限界突破×サバイバー』を披露するなど、かつての演歌歌手のイメージを打ち破る戦略に出ています。女性らしさを全面に打ち出しているため、ネット上では『きよこ』『姉さん』などと呼ばれ、特に若い世代からはウケがいいのですが、一方で、昔からのファンは複雑な心境を抱いている人も多いようです。実際、思ったよりCDの売り上げも伸びていませんね」(音楽誌ライター)

 公式インスタグラムを開設したのも、自身でオフショットを公開し、“自分らしさ”を見せていくためのツールとして活用するためだという。

 そんな中、一部のネット民からは「無邪気に氷川の変身姿に喜んでいる場合じゃない」と危惧する声もある。
「氷川は熱心な某新興宗教の信者として知られていますが、当然ながら、それらを一般のファンにおおっぴらにはしていません。特に最近の若い世代は、宗教色に染まっているタレントを敬遠する傾向にありますから当然でしょう。しかし、氷川がインスタグラムを開設した11月18日は、その宗教団体の“記念日”だったことで、あらためて氷川の信仰心の深さが明確になりました。氷川は2014年に元マネジャーを暴行、その際に“入信”を強要したなどと週刊誌に暴露された過去があります。日常的にハラスメントを繰り返し、短期間に数十人の若いマネジャーが退職していたことが発覚し、熱心なファンが多数離れていってしまいました。インスタの開設日から、当時の出来事を思い出した人も多いようです」(芸能記者)

 女性らしくイメチェンしたのはいいが、果たして暴力癖まで変わったかどうか…。熱心なファンにとっては、インスタグラムの開設は手放しでは喜べないのかもしれない。

関連記事
芸能新着記事