菜乃花 2018年10月04日号

Tバック、ヌーブラは当たり前 女子アナ17人エッチすぎる下着ここまで分かった!(3) 山崎夕貴、三田友梨佳、赤江珠緒、夏目三久

掲載日時 2016年08月06日 18時00分 [女子アナ] / 掲載号 2016年8月11日号

Tバック、ヌーブラは当たり前 女子アナ17人エッチすぎる下着ここまで分かった!(3) 山崎夕貴、三田友梨佳、赤江珠緒、夏目三久

 では、このカトパンの穴を埋める活躍が期待される山崎夕貴(28)と三田友梨佳(29)の下着はどうか。
 「女子力の低い山崎は下着にこれといったこだわりがなく、かつてパンティーの所有枚数も“7枚しか持ってない。勝負下着も存在しません。乾いた順に穿いています”と、まったく色気がありません」(同)

 ミタパンこと三田の下着事情といえば、昨年秋の『ワイドナショー』で行った心理分析で、「整理整頓が不得意」と診断され、自らも片付け嫌いを告白。
 これに、松本人志が、
 「パンツ、8の字で落ちてたりとか?」
 と突っ込むと、
 「ちょっと…あるかもしれませんね」
 と、顔を赤らめながら恥ずかしそうに笑っていた。
 「“8の字パンツ”とは、脱いだままの形で放置されたパンティーのこと。ミタパンは、実家がミシュラン3ツ星の料亭『濱田屋』という超お嬢様ですが、このだらしない下着の扱いが、ミシュランの調査員に知られたら、実家の星が減らされるのではないでしょうか」(出版関係者)

 こう見ていくと、下着への強いこだわりを持つアナと、そうでないアナの二極化が進んでいるのだろうか。
 フリーアナの赤江珠緒(41)も、自身のパンティーの管理がずさんな1人。
 「赤江は、TBSラジオ『たまむすび』の中で、熊本のホテルに連泊した際に、脱いだパンティーを部屋に忘れたまま部屋を移動してしまったことがあったそうです。すると、イケメン男性のボーイさんが、赤江のパンティーを、鮮度を保つために食品を密封する“ジップロック”に入れて届けてくれたそう。鮮度を保たなければと思うくらい、脱ぎたてホカホカだったのかもしれませんね」(放送作家)

 フリーの夏目三久(31)も、意外とずぼらなタイプのようで、
 「『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)の中で、下着の捨て時についての話題になり“私はまぁ、ゆるくなってきたりしたら代えますかね”と告白しています」(前出・芸能記者)
 恋人との“コンドーム写真”の流出で、日テレを追われた夏目。パンティーはユルくとも、ゴムはしっかりつける堅実タイプであることが、現在の活躍につながっているのか!?

 あぁ、女子アナのブラ&パンティーのことを考えると、今夜も眠れない!

関連タグ:女子アナエッチすぎる下着

女子アナ新着記事

» もっと見る

Tバック、ヌーブラは当たり前 女子アナ17人エッチすぎる下着ここまで分かった!(3) 山崎夕貴、三田友梨佳、赤江珠緒、夏目三久

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP