菜乃花 2018年10月04日号

鈴木京香 石原さとみから恋人を奪い返した“完熟濃厚愛”

掲載日時 2015年11月24日 18時00分 [芸能] / 掲載号 2015年12月3日号

鈴木京香 石原さとみから恋人を奪い返した“完熟濃厚愛”

 鈴木京香(47)が完熟濃厚愛で、破局寸前だった恋人・長谷川博己(38)を石原さとみ(28)から奪い返したという。
 「京香と長谷川は11月12日発売の『女性セブン』に、初ツーショット写真が掲載されたのです。都内のバーに現れ、その後、仲良く京香のマンションに消えていった。2人の仲が良好なことが決定付けられました」(スポーツ紙記者)

 今年7月、一部週刊誌で2人の同棲解消や破局説が報じられた。原因として囁かれたのが、長谷川と今夏公開の映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』で共演した“共演者キラー”石原の存在だった。
 「実際、彼女はイケメン長谷川を狙っていたフシがあり、現場でボディータッチしたり、LINEのIDを交換したり、食事に誘うなど、京香から略奪する勢いでした。しかも、2人は来夏公開予定のゴジラシリーズ新作映画『シン・ゴジラ』で、またも共演することが決定しています。これに焦ったのが、アラフィフにさしかかり後がない京香でした」(芸能プロ関係者)

 確かに昨夏ごろ、長谷川が仕事部屋として一人暮らし用のマンションを借り、同棲を一時解消していたのは事実のようだ。
 「長谷川を放任していた京香は、石原の存在に気付き、一気に“巻き返し”を図ったのではないでしょうか。長谷川と真剣に将来を話し合う中で、大人の濃厚愛に持ち込み、“寝技”で長谷川を骨抜きにし、奪い返したのです。今まで一切ツーショットを撮らせなかった超秘密主義の京香が、わざと撮られるように歩いたというのは、石原や世間に対し“逆略奪成功宣言”したという意味」(同)

 となると、鉄は熱いうちに打て…なのか。
 「早い段階に妊娠に成功すれば、すぐ結婚発表に踏み切るでしょう。映画公開までは長谷川と石原の関係は予断を許さないため、京香は今回ばかりは本気です」(女性誌記者)

 そもそも長谷川は'10年に京香とNHKドラマ『セカンドバージン』で共演し、その魅力にKOされ、すぐ交際を開始したとされる。
 「京香の肌は20代並みのモチ肌で、推定Eカップの胸は突き出て、腰もくびれている。交際当初、長谷川は“他の女ではもう満足できない”と話していたほど。今でも体を鍛えるなどプロ意識が強い京香の肉体は、十分、高齢出産に耐えうる“現役”ボディーです」(同)

 もしかして、妊娠してたりして。

芸能新着記事

» もっと見る

鈴木京香 石原さとみから恋人を奪い返した“完熟濃厚愛”

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP