祥子 2019年5月30日号

高須院長の泥棒被害、SNSの恐ろしさが露呈 盗難物・犯人の犯行手口も話題に

掲載日時 2019年05月09日 12時50分 [事件] / 提供元 リアルライブ

高須院長の泥棒被害、SNSの恐ろしさが露呈 盗難物・犯人の犯行手口も話題に

 高須クリニックの高須克弥院長が、泥棒被害を報告し話題となっている。高須氏は5月8日のツイッターで「しばらく留守にしているうちにかっちゃんの家に泥棒が入った。

 警察の話しでは5月4日深夜の2時に三人組の男がバールで玄関の鍵を壊して侵入したらしい。ヘソクリ全部取られた」と記し、「命取られなくてよかった。もうけた。なう」と続けた。書き込みには、実際に被害にあった玄関の写真も掲載されている。

 これを受け、ネット上では「これは在宅じゃなかったのが不幸中の幸いだったのかな」「ご無事でなによりです」といったメッセージとともに、へそくりが時価総額約3000万円の約7キロの金塊であったことに、「これって節税対策?」「家に金塊持ってる人って本当にいるんだね」「ゴールデンウイーク中に金塊盗まれるとかネタですか」といった声が聞かれた。

 ドアが木製でバールでこじあけられるなど、セキュリティ対策の不備を指摘されると、警備会社との契約など考えられる対策は「すべてやっている」と答え、警察が到着する前に、犯人はすべての仕事を終えていたようだ。これには、ネット上では「不謹慎だけど犯人ってルパンみたいなヤツなのかね」といった声も聞かれた。

 さらに、高須氏が普段から日常生活をネットで発信しているため、確実な留守中の時間を狙われたと見る声もある。そのため、「ネットで全部書かなくてもいいんでは?」「ツイッター見れば留守なのバレバレだもんな」といった声が聞かれた。通り道や立ち回り先など、日常の行動をパターン化させてしまうと、そのスキをつかれやすいのは確かである。高須氏の事件は、個人の情報発信をめぐる「セキュリティ」のあり方についても警鐘を鳴らしたといえそうだ。

記事内の引用について 高須克弥のツイッターより https://twitter.com/katsuyatakasu

関連記事
高須院長も参戦の“ぜんじろう・爆問太田の芸歴論争” 実は田中が一番先輩だった?
爆問太田「高須もロクなもんじゃない」ウーマン村本、百田尚樹氏を“同じ穴のムジナ”と揶揄
「まだ使える!」Appleのイヤホンを誤飲した男性、とんでもない方法で身体から取り出す
高須院長、異例の“自衛官割引”を宣言「割引率は面接してから決めます」
高須院長、自身を「ナチ」呼ばわりしたウーマン村本を「温かく見守って」 “炎上狙い”に大人の対応?

事件新着記事

» もっと見る

高須院長の泥棒被害、SNSの恐ろしさが露呈 盗難物・犯人の犯行手口も話題に

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP