園都 2018年6月28日号

ネット痴漢掲示板で逮捕者4人! 「触ってください」女性の書き込みもある“欲望電車”

掲載日時 2017年12月13日 18時00分 [事件]

 強制わいせつ容疑。警視庁板橋署は11月27日、JR埼京線の車内で20代の女性の下着内に手を入れるなど集団で痴漢をしたとして、30代の男2人、40代の男2人の計4人を逮捕した。4人はこの日が初対面。落ち合う手段は、やはりネットだった。
 「4人は当初、『周りの客が触っていたのでムラムラしてやった』などと供述していたようですが、結局はグルだった。そのやり取りは、痴漢マニア専門の掲示板で《1902は最強》《先頭車両が狙い目》といったもの。つまり、埼京線の新宿駅19時2分発の通勤快速川越行きの先頭車両が痴漢をしやすい、との書き込みをしていた。確かにこの時間帯は帰宅ラッシュ。しかも通勤快速のため川越へ向かう間に8〜9分間停車駅なしの区間が2カ所あることから、うってつけだったのでしょう」(夕刊紙記者)

 しかし、埼京線などは普段から痴漢が多いことで有名。掲示板も警察に目を付けられていることは、特にマニアであれば誰もが理解しているはず。それにもかかわらず、いまだ書き込みが活発な理由は何なのか。
 「痴漢掲示板には本当に“痴漢されたい女性”からの書き込みも多い。実際、痴漢プレイを楽しんでいる男女も多いですからね」
 とは、風俗ジャーナリストの青山照彦氏。

 都市伝説のような話だが、記者も調べてみたところ、《胸から中まで直接痴漢して下さる方いませんか? こちら○○線利用してます。×△-□○区間仕事帰りにお願いしたいと思ってます。当方28歳で154センチのぽっちゃりですが、メール頂ければ明日ご連絡します》などといった女性のメッセージは非常に多い。中には、リアルタイムで痴漢を募集する女性もいた。
 《今から□×線下り。×△から乗ります。○×駅までの間、触っていただける方いませんか?》
 そんな21歳の書き込みに対し、《できたら一本遅らせられないでしょうか? その方が通勤快速で混むと思いますよー》とすぐに返信する自称31歳のサラリーマン。その後も、お互いの格好の確認などしばらくやり取りが続き、書き込みは止まった。
 「中にはネカマ(ネットのオカマの略)による書き込みもありますが、これはおそらく本物。2人は痴漢プレイを楽しんだのだと思います。もちろん、合意の上でも公然わいせつの罪に問われますが」(前出・青山氏)

 “欲望電車”に魅せられている男ども、どうしても抑えきれない時は、痴漢OKの風俗に行きなはれ!

関連タグ:性犯罪

事件新着記事

» もっと見る

ネット痴漢掲示板で逮捕者4人! 「触ってください」女性の書き込みもある“欲望電車”

Close

▲ PAGE TOP