園都 2018年6月28日号

スクープ! 富岡八幡宮殺傷事件 実行犯から本誌にあった「犯行予告」90分 全真相(2)

掲載日時 2017年12月20日 14時00分 [事件] / 掲載号 2017年12月28日号

スクープ! 富岡八幡宮殺傷事件 実行犯から本誌にあった「犯行予告」90分 全真相(2)

 茂永容疑者によると彼は数年前から九州の福岡に移り住み、宮司に戻れない場合には釣り船屋を営もうと漁船や釣り船に乗ってノウハウを学んでいたそうです。だが、一方的な手当の打ち切りが原因で貯蓄もほぼ使い果たしてしまった。私が金融機関から借りる手立てはないのかと水を向けると、このときも「担保がないばかりか、前科がある人間に貸してくれる銀行なんかありませんよ」と笑っていた。
 また、同じく犯行に及んで死亡した妻の真里子容疑者は宝石の鑑定士の資格を持っており、一時は宝石店にも勤めていたが、そこにも茂永容疑者の逮捕歴や放蕩歴を伝える怪文書がバラまかれ、「働く場所がない状況だ」と話していた。2人が『富岡八幡宮』と縁を切ろうと本気で考えたことがあったかは不明だが、逃げても幸せになる道はないと感じていたようです。

 〈無論、だからといって長子さんの殺害を企て始めた同容疑者の思いを、記者が受け入れるはずがない。
 茂永容疑者が話した内容を端的に伝えるためにここには記していないが、実際の会話には凶行を思いとどまり、生活を改めるよう諭す記者とのやり取りが多分に含まれていたことを伝えておかなければならないだろう。
 茂永容疑者はその記者の声に耳を傾け、最後には「一度、考え直してみますよ。それに近いうちにまた電話します」と話してくれたが、終始、悔やんでいたのは逮捕歴と最初にバラまかれた怪文書のことだった。〉

 茂永容疑者は、自分に対する度重なる怪文書をバラまき続けたのは、長子さんだと決めつけていた。事実、『富岡八幡宮』の内部関係者しか知らないようなことまで書かれており、その疑惑は確かに濃厚と見られていたのです。そのため、同容疑者も長子さんに対する怪文書をまき続けていたが、「最初の怪文書が出なければ、長子を道連れに地獄に落ちようとまでは考えなかったでしょうね」と語っていました。
 というのも、宮司時代に怪文書が神社界にバラまかれた際、茂永容疑者は警視庁に相談し、長子さんを逮捕させようとしたという。結局、神社の看板に傷が付くことを恐れて取りやめたらしいが、逆に長子さんは茂永容疑者が年賀ハガキに書いた文面の一部を問題にし、深川警察署に通報して逮捕させた。

 また、母親への思慕の念も強まっているようだった。茂永容疑者は、事件後マスコミ筋に送りつけた遺書で自分の長男を次の宮司に据えることを要求しているが、相談役として母親を任命するよう示唆している。母親は同容疑者の女性遍歴と放蕩ぶりの怪文書が出回った際、それをいさめるために長子さん側についたこともあるらしいが、長子さんが宮司になると冷遇され「神社の役員を外されて、安い給料で小間使いのように働かされていた」という。
 「母もかわいそうな女で、それもなんとかしたいんですよ」。茂永容疑者はそう語っていたのです。

 〈これが、のちに凶行を起こした茂永容疑者と話したほぼ全容だが、冒頭でお伝えしたとおり、そこには事実でないものも含まれているかもしれない。またどんな理由があれ、実の姉を殺害した茂永容疑者は、世間から糾弾されてしかるべきで、殺害された長子さんの冥福と巻き添えになった運転手の快癒を、心から祈るばかりだ。
 だが、2人の間に長年横たわっていた確執は、凶行という最悪の形で幕を閉じる以外、道はなかったのだろうか。その答えは事件後に記者が取材した『富岡八幡宮』関係者のコメントに委ねたいと思う。〉

 同神社の内情に詳しい氏子の1人がこう語る。
 「長きにわたる2人の確執を知る者からすれば、事件は起こるべくして起きたと言える。『いずれこうなる』と話す者も少なくなかったんです。殺害された長子さんは痛ましいが、彼女では『富岡八幡宮』がもたなかったのも事実で、氏子の間では茂永さんにもう一度宮司を任せようと、今年の年明けから彼を探していた者もいたほどなのです」

関連タグ:富岡八幡宮殺傷事件

事件新着記事

» もっと見る

スクープ! 富岡八幡宮殺傷事件 実行犯から本誌にあった「犯行予告」90分 全真相(2)

Close

▲ PAGE TOP