本好きリビドー のタグが付いている記事
11〜20件目 / 229
  • 本好きリビドー(220)

    快楽の1冊 『モヤモヤするあの人―常識と非常識のあいだ―』 宮崎智之 幻冬舎文庫 580円(本体価格) ★価値観の押し付けと承認欲求の時代 先般、山口県で行方不明になった2歳男児を無事救出したボランティ...

    エンタメ・2018/09/22 15:00
  • 本好きリビドー(219)

    ◎快楽の1冊 『日本が戦ってくれて感謝しています』 井上和彦 産経NF文庫 860円(本体価格) 『日本が戦ってくれて感謝しています2』 井上和彦 産経NF文庫 820円(本体価格) ★激戦の中で日本軍は何を遺した...

    エンタメ・2018/09/17 12:00
  • 本好きリビドー(218)

    ◎快楽の1冊 『長州力 最後の告白』 長州力、聞き手・水道橋博士 宝島社 1500円(本体価格) ★沈黙の“革命戦士”がすべてを語る 本書はまず編集のセンスが光る。「聞き手・水道橋博士」とはあるが、格闘技...

    エンタメ・2018/09/05 13:00
  • 本好きリビドー(217)

    快楽の1冊 『日本二千六百年史 新書版』 大川周明 毎日ワンズ 1100円(本体価格) ★発禁の歴史書、「不敬罪違反」部分を復元 数ある東京裁判の記録映像で、ドキュメント番組などで繰り返し使われる“お約...

    エンタメ・2018/09/01 07:00
  • 本好きリビドー(216)

    ◎快楽の1冊 『夜更けの川に落葉は流れて』 西村賢太 講談社 1500円(本体価格) さらに拍車がかかった貫多のクズっぷり 表題作こそ70年代フォークの名曲風タイトルだが、他に収録された短篇二つがそれぞ...

    エンタメ・2018/08/14 15:00
  • 本好きリビドー(215)

    ◎快楽の1冊 『身体感覚で「論語」を読みなおす。-古代中国の文字から』 安田登 新潮文庫 550円(本体価格) 男も40すぎれば改めて、じっくり本腰を入れて古典をちゃんと読んでおきたい。 そう願ってはみ...

    エンタメ・2018/08/13 12:00
  • 本好きリビドー(214)

    ◎快楽の1冊 『やっぱ志ん生だな!』 ビートたけし フィルムアート社 1400円(本体価格) 思えば20年くらい前に読売新聞の編集で出たムック(雑誌仕様の)本、『志ん生!落語ワンダーランド』のキャッチコピ...

    エンタメ・2018/08/04 16:00
  • 本好きリビドー(213)

    ◎快楽の1冊 『古本屋台』 Q.B.B./著 久住昌之/作 久住卓也/画 集英社 1200円(本体価格) 実にどうも、筆者のごとき古本漁りと酒がセットで好きな身にとってはまさに辛抱たまらない、夢のような漫画の逸...

    エンタメ・2018/07/29 18:00
  • 本好きリビドー(212)

    ◎快楽の1冊 『日米衝突の根源 1858-1908』 渡辺惣樹 草思社文庫 1800円(本体価格) 先の大戦を振り返る内容の書籍は依然として大量に出版されるが、だからこそとんだイカモノや愚書をつかまされてしまう...

    エンタメ・2018/07/21 16:00
  • 本好きリビドー(211)

    ◎快楽の1冊 『芸人「幸福」論 格差社会でゴキゲンに生きる!』 プチ鹿島 KKベストセラーズ 1250円(本体価格) 「働き方改革」が叫ばれ、随所で人手不足が嘆かれる昨今、はっきり言って筆者も含めた余剰...

    エンタメ・2018/07/14 18:00

前へ12345678910次へ