本好きリビドー のタグが付いている記事
31〜40件目 / 229
  • 本好きリビドー(200)
    本好きリビドー(200)

    ◎快楽の1冊 『美しく、狂おしく 岩下志麻の女優道』 春日太一 文藝春秋 1750円(本体価格) 訳知り顔にエディプス・コンプレックスだの借り物の理論を振りかざし、「結局、男は母親のような女、というよ...

    エンタメ・2018/04/21 18:00
  • 本好きリビドー(199)
    本好きリビドー(199)

    ◎快楽の1冊 『愛蔵版 角栄一代』 小林吉弥 セブン&アイ出版 1300円(本体価格) 開口一番“マーコノー…”と声色を使えばそれだけで笑いが来た田中角栄のものまねは演芸の世界ではすっかり廃れてしまったが...

    エンタメ・2018/04/14 16:00
  • 本好きリビドー(198)
    本好きリビドー(198)

    ◎快楽の1冊 『「リベラル」という病』 岩田温 彩図社 1500円(本体価格) ひと昔前は大学の文学部で「国語国文科」という表記が当たり前だったはずが、今じゃ大抵「日本語日本文学科」(そういやその日本...

    エンタメ・2018/04/07 18:00
  • 本好きリビドー(197)
    本好きリビドー(197)

    ◎快楽の1冊 『お金2.0 新しい経済のルールと生き方』 佐藤航陽 幻冬舎 1500円(本体価格) 少し前のこと。20万円のギャラを提示されて、某商工会議所のパーティーに営業で向かったものの会場の雰囲気が最...

    エンタメ・2018/04/01 15:00
  • 本好きリビドー(196)
    本好きリビドー(196)

    ◎快楽の1冊 『アナログ』 ビートたけし 新潮社 1200円(本体価格) たまさか入った中華屋で、出てきた炒飯と餃子が油べちゃべちゃ。萎えかけた気分でふと店内のテレビに目をやると、初場所の中継で平幕同...

    エンタメ・2018/03/24 15:00
  • 本好きリビドー(195)
    本好きリビドー(195)

    ◎快楽の1冊 『右であれ左であれ、思想はネットでは伝わらない。』 坪内祐三 幻戯書房 2850円(本体価格) 何にせよ頼りになる目利きがいてくれるのは心強い限りで、誠に勝手ながら筆者にとっては映画(そ...

    エンタメ・2018/03/17 14:00
  • 本好きリビドー(194)
    本好きリビドー(194)

    ◎快楽の1冊 『オッパイ入門』 東海林さだお 文藝春秋 1350円(本体価格) 久々にタイトルだけで「やられた」と、思わず書店の店頭でニヤついてしまった本書。故・ナンシー関女史がかつて、数多あるバラエ...

    エンタメ・2018/03/10 16:00
  • 本好きリビドー(193)
    本好きリビドー(193)

    ◎快楽の1冊 『カネと共に去りぬ』 久坂部羊 新潮社 1500円(本体価格) その昔、徳川夢声の自叙伝に『銭と共に老ひぬ』というのがあったが、本書の表題作はそのものズバリ、かのミッチェルの名作のパロデ...

    エンタメ・2018/03/03 16:00
  • 本好きリビドー(192)
    本好きリビドー(192)

    ◎快楽の1冊 『新宿歌舞伎町俳句一家「屍派」 アウトロー俳句』 北大路翼編 河出書房新社 1300円(本体価格) 「アウトロー」の、それも「俳句」と聞けばやはり咄嗟に浮かぶのは辞世の句だろう。例えば、...

    エンタメ・2018/02/24 15:00
  • 本好きリビドー(191)

    ◎快楽の1冊 『ビートたけしと北野武』 近藤正高 講談社現代新書 800円(本体価格) まったく、ヘタな「文春砲」も数撃ちゃあいいってもんじゃない。たかが不倫ごときを理由にあたら一時代を築いた音楽家...

    エンタメ・2018/02/18 12:00

前へ12345678910次へ