本好きリビドー のタグが付いている記事
51〜60件目 / 229
  • 本好きリビドー(180)
    本好きリビドー(180)

    ◎快楽の1冊 『誰も知らない憲法9条』 潮匡人 新潮新書 780円+税 舞台では旧帝国陸軍の軍帽を被り、“大本営八俵”の名で戦後生まれの傷痍軍人を装う筆者は筋金入りのジャイアンツファン。その理由は簡単...

    エンタメ・2017/11/25 18:00
  • 本好きリビドー(179)
    本好きリビドー(179)

    ◎快楽の1冊 『九十歳。何がめでたい』 佐藤愛子 小学館 1200円+税 私事で恐縮ながら先月で43になった筆者。不惑も過ぎていい年こいた身でなるべく怒るまい、角を立てまいと心がけているつもりの日々で...

    エンタメ・2017/11/18 15:00
  • 本好きリビドー(178)

    ◎快楽の1冊 『拳の先』 角田光代 文藝春秋 2200円(本体価格) 10月6日、後楽園ホールで開催の女子プロボクシング初代バンタム級王座決定戦を1万円のリングサイド席で見たが、お粗末極まる内容だった。 ...

    エンタメ・2017/11/11 18:00
  • 本好きリビドー(177)
    本好きリビドー(177)

    ◎快楽の1冊 『陸王』 池井戸潤 集英社 1700円(本体価格) 流行りものには極めて奥手&ついついダークダックス風に斜に構えて距離をとってしまう筆者。池井戸作品は大ヒット『半沢直樹』シリーズも『下町...

    エンタメ・2017/11/04 12:00
  • 本好きリビドー(176)
    本好きリビドー(176)

    ◎快楽の1冊 『浅草風土記』 久保田万太郎 中公文庫 1000円(本体価格) 絶滅危惧語の一つに「団菊爺い(だんぎくじじい)」がある。かつて明治時代に“劇聖”とまで称えられた名優、九代目市川團十郎とそのラ...

    エンタメ・2017/10/28 15:00
  • 本好きリビドー(175)
    本好きリビドー(175)

    ◎快楽の1冊 『大隈重信、中国人を大いに論ず 現代語訳「日支民族性論」』 大隈重信著、倉山満監修 祥伝社 1500円(本体価格) 消費税の導入以外に抱えた闇があまりに深そうな竹下登。やたら水玉のネクタ...

    エンタメ・2017/10/23 17:00
  • 本好きリビドー(174)

    ◎快楽の1冊 『頼山陽とその時代』 中村真一郎 ちくま学芸文庫 上1500円 下1700円(本体価格) “鞭声粛粛、夜河を過る…”とはご存じ戦国絵巻の華、武田信玄と上杉謙信が激突した川中島合戦の光景を詠んだも...

    エンタメ・2017/10/14 18:00
  • 本好きリビドー(173)

    ◎快楽の1冊 『明日なき身』 岡田睦 講談社文芸文庫 1500円(本体価格) 正直に告白すると、筆者はうかつにも本書の著者を初版の単行本の段階で恩田陸氏と間違えていた。あの叙情溢れるミステリの名手が今...

    エンタメ・2017/10/07 18:00
  • 本好きリビドー(172)

    ◎快楽の1冊 『完本 麿赤兒自伝 憂き世 戯れて候ふ』 麿赤兒 中公文庫 900円(本体価格) 生の麿赤兒氏を目撃したのは2度。そう、それは「見た」でなく「目撃」とした方が妥当な経験で、最初が“麿赤兒 母...

    エンタメ・2017/09/30 15:00
  • 本好きリビドー(171)

    ◎快楽の1冊 『今こそ、韓国に謝ろう』 百田尚樹 飛鳥新社 1296円(本体価格) 21世紀とはいかなる時代か? やや大袈裟な問いをその5分の1もまだすぎぬ現段階で無理やり立てるとすれば、筆者なら「パ・リ...

    エンタメ・2017/09/23 18:00

前へ12345678910次へ