噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 二階堂ふみ(25)スタミナ豊富な絶倫女優!?

芸能・2020/06/10 22:00 / 掲載号 2020年6月18日号
噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 二階堂ふみ(25)スタミナ豊富な絶倫女優!?

二階堂ふみ

閉じる

 今回は、NHK朝ドラ『エール』(主演・窪田正孝)でヒロインを務める実力派女優の二階堂ふみ。沖縄生まれらしいラテン的な顔貌で、人懐っこくタフで楽天的といった気質が、顔相の随所に現れている。

 性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分)がほどよく膨らみ、眼光の和気が以前より増してきており、エロスのポテンシャルは上がっている。

 厚い唇は情愛豊かな相で、特に与える愛・奉仕愛が現れる上唇が、求める愛・自己愛の下唇と同じくらい厚いのは、好意を持った異性には自らアクションを起こす積極派の証し。ベッドでも進んでフェラチオなどの奉仕性戯で尽くし、男を骨抜きにする。特に、彼女のように唇に歓待紋(細かな縦皺)の多い女相は顕著で、前戯での「歓待」は濃密だ。

 彼女は鼻が短く、山根(鼻の付け根)が低く、横から観たとき鼻筋がやや反ってもいて、子供っぽさを残した鼻相をしている。無駄にプライドが高くなく、万事にオープンで直情的。

 セックスにおいてもその心性は発揮され、丸々とした準頭(鼻の頭)からも、野性味のある、自身の欲望に忠実な、気取らないガチンコの交わりを好む。

 がっしりとしたアゴで、歯列のアーチが大きく、歯も大粒ときて、豊かな金甲(小鼻)ともあいまって、スタミナは絶倫レベル。一晩で2交3交は余裕でこなし、淡泊な男とは長続きしない。その反面、(大歯で、その歯がやや外向きゆえ)ガサツな一面があり、細やかな情緒に欠ける面がある。

【官能度】と【スタミナ度】は、ともに「5」寄りの「4」と、かなり高い。

 デビュー当時は、眉が吊り上がりのキツい相だったのが、丸みが出て女性的な相になり、強すぎる目力も穏やかになって、モテ相寄りに変化はしている。

 しかし彼女は、これといった尻軽相がなく、前述の幼児性を残した鼻相がプラス要素にはなるも、【モテ度】としては「3」となった。

 膣道の雛型とされる、耳穴の下の溝が狭くて細い名器相。口元の肉付きが豊かで、後天的な締まりも悪くなく、【名器度】は「4」と高い。

 豊かな金甲と、眉に丸みが出てきたのはあげまん要素ながら、膨らんだ臥蚕に厚い唇、勢いのある口相と、マイナスのほうが断然強く、【あげまん度】は「1」寄りの「2」と低い。

 彼女は丸額と富士額の混合型で、生来的には女性的な気性を持つも、出た頬骨に張ったエラ、角張ったアゴ先、側頭部に貼りついた耳と、意志強靭で人に頼らず(助言にも耳を貸さず)、信念のまま自力で我が道を行く、いかにも女優に向いた強い顔相の持ち主。

 その分、家庭的ではなく、男性(夫)にも依存せず、【良妻度】は落ちて「2」どまりとなった。

***************************************
【劉飛昶プロフィール】劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連記事
関連タグ
芸能新着記事