中島史恵 2018年8月23・30日合併号

ついに吉岡里帆の“公開処刑”に踏み切った中村アン

掲載日時 2018年02月15日 23時00分 [芸能]

ついに吉岡里帆の“公開処刑”に踏み切った中村アン

「現場で2人の間にはピリピリした空気が流れていましたが、まさか、中村がこんな形で実力行使に出るとは…正直、恐ろしい限りです」(TBS関係者)

 現場からこんな穏やかならぬ声が漏れ伝わって来たのが、女優の吉岡里帆(25)の民放連ドラ初主演作品「きみが心に棲みついた」(TBS系)。

 初回から視聴率は1ケタに低迷。ドラマの内容自体はまったく話題になっていないが、吉岡と共演するモデルで女優の中村アン(30)が13日、自身のインスタグラムで公開した写真が話題を呼んでいる。

 中村は、ドラマ放送の告知と共に、吉岡との笑顔のツーショット写真、また、その背後に共演する俳優の桐谷健太(38)の姿が映り込む写真を掲載。

 ネット上では桐谷について、「気になってしまう」との声が相次いでいるが、吉岡を案じる声もあがっている。

 「真っ白な肌の吉岡の顔がかなり丸みを帯びて移り、まるでお笑いコンビ・にゃんこスターのアンゴラ村長です。それに対して、中村はバッチリの“決め顔”で、そうなると当然、吉岡のブサイクさが際立ちます。中村のインスタなので、吉岡の事務所の許可を取る必要はありませんが、あまりにも露骨過ぎる“公開処刑”でした」(芸能記者)

 以前、本サイトでは、吉岡が中村に対して激しい対抗意識を燃やしていることを報道。

 おそらく、その記事を中村の耳に入ったと思われるだけに、今回の実力行使に出たようだ。

 「吉岡も苦労人ですが、中村も下積みが長かったので吉岡には対抗心メラメレのはず。年上の中村からしたら吉岡に『黙れ小童!』と叫びたいところでは。今回、中村に1本取られた吉岡がどんな形でリベンジするかが注目されます」(同)

 やはり、ドラマよりも2人の“場外乱闘”の方がおもしろそうだ。

芸能新着記事

» もっと見る

ついに吉岡里帆の“公開処刑”に踏み切った中村アン

Close

▲ PAGE TOP