森咲智美 2018年11月22日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 村川絵梨(30) “色気”が武器の尻軽女優!?

掲載日時 2018年06月18日 18時00分 [エンタメ] / 掲載号 2018年6月21日号

 今回取り上げるのは、NHK土曜時代ドラマ『そろばん侍 風の市兵衛』の「第一部」(第1回〜第3回)でゲスト出演している、女優の村川絵梨。
 NHKの朝ドラ『風のハルカ』('05年度後期)のヒロインに18歳で抜擢された彼女も、今や三十路熟女。10代の頃と比べ、エラから頬にかけてのラインがシャープになって肉付きも浅くなり、丸顔の家庭的で天真爛漫な相から、面長で大人の、魔性を秘めた一癖ある女相(後に詳述)へと変化した。

 彼女は額相が特徴的で、女性には珍しいM字額だ。理想が高く、理知に勝り、要領よく立ち回る能力に長けるも、夫運悪く、また同時に(よい夫なら、その)夫を剋する。生え際のラインに乱れがあって、これは悪女相でもあり、異性関係の波乱は避け難い。
 一方、眉も個性的で、ドラマ『そろばん侍』では武家の未亡人役で、役柄に合わせて眉を弓なりに濃く作っていたが、地眉は極端な吊り上がりの「へ」の字で、いたって気の強い、男勝りの相。
 その眉を、細く、薄く作っていることが多く、よくも悪くも女性度の高い、好色性・浮気性の強い眉相だ。

 彼女は目頭に鋭い切れ込みがあり、恋愛やセックスに機略を持ち込み、女の色香を武器に用いることのできる策士タイプ。やや重眼(目が小さい)で、瞼が一重に近い奥二重で、浮ついたところがなく、目力があり、しかも眼光が乾き気味で、情に流されない冷徹と魔性を感じさせる。並みの男ではなかなか御することの難しい女相だ。
 ホクロの多い顔で、特に気になるのが上唇のやや右寄りにあるのと、人中(鼻の下の縦溝)の上部にある(目立たないが)死にボクロで、どちらも色難ボクロだ。首筋の右側に二つ並んである、色の悪い大きなホクロは博愛ボクロで、(上唇のホクロ同様)尻軽相の一つだ。

 彼女は耳が小さく、形が角型で、安定(結婚)指向が強くない分、前述の魔性の度合いは増す。左頬骨周辺にホクロが数個集まっていて、こちらは(M字額同様、夫運を下げる)後家相だ。
 臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分)の張りがそこそこ豊かで、上下唇の厚みもほどよく、性愛のポテンシャル自体は中の上。【淫乱度】【絶倫度】はともに「3」、【尻軽度】は「4」と観たが、数字は平凡でも内実はいたって複雑なのが、彼女の大きな特色と言える。
 膣道の雛型とされる耳穴の下の溝が、右は良形ながら左は凡相。口角(唇の両端)の上がり具合は良相も、口元の締まりがやや弱く、【名器度】は「2」。すっきりとした印象の口元はあげまん要素ながら、キツすぎる眉相が大きく足を引っ張り、【あげまん度】も「2」となった。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:劉飛昶の淫相学

エンタメ新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 村川絵梨(30) “色気”が武器の尻軽女優!?

Close

WJガール

▲ PAGE TOP