片山萌美 2019年7月4日号

日本ハム 吉田輝星一軍昇格で斎藤佑「現役アウト」

掲載日時 2019年06月12日 18時00分 [スポーツ] / 掲載号 2019年6月20日号

日本ハム 吉田輝星一軍昇格で斎藤佑「現役アウト」
画像はイメージです

 昨夏の甲子園を沸かせた北海道日本ハムファイターズのドラフト1位ルーキー、吉田輝星の一軍デビューが内定した。

「何事もなければ」という条件付きだが、本拠地の札幌ドームで、セ・リーグ首位の広島が相手という、これ以上ない舞台が整えられた。

 しかし、それとは対極的に、影に覆われる選手もいる。斎藤佑樹(30)だ。吉田の一軍デビュー戦は、元甲子園スターの新旧交代劇ともなりそうだ。

 「吉田は当初、5月下旬の一軍合流が予定されていましたが、ウイルス性胃腸炎で体調を崩し、二軍での登板が一度回避されました。5月26日の二軍戦で投げ、2回無失点。大事を取り『もう一度、様子を見てから』と決まり、現在の中8日での調整を続けていくと、6月13日になるんです」(スポーツ紙記者)

「100球くらい投げてもらわないと…」と、短いイニングしかこなしていない状況に不満そうだった栗山英樹監督(58)。デビュー戦では、先発投手としての責任イニングである5回まで投げない可能性もある。

 「お披露目の目的もあるようですね。現在、吉田はツーシームの変化球を習得中。でも日ハム首脳陣が注視しているのはストレートです。昨夏の甲子園で見せた迫力満点の直球は、まだ復活しておらず、大事を取って短いイニングしか投げさせていません。栗山監督も、それを分かっていて、わざと物足りないような物言いをしたんです」(球界関係者)

 短いイニングしか投げられないということは、救援投手を先発させ、次に本来の先発投手を送り込む“オープナー”に近いものがある。その「短いイニング」が、あの斎藤の今後にも影響してきそうなのだ。

 「オープナーの継投策が昨季、メジャーリーグで流行し、日ハムも取り入れました。斎藤や加藤貴之にやらせてみましたが…」(前出・記者)

 生き残りを懸けて、斎藤が懸命に努力しているのは間違いない。「配球パターンを読まれ、打者2巡目に釣瓶打ちにされる」という弱点があったので、「打者1巡をメドに交代するオープナーなら」と期待されたが、ダメだった。

 「交流戦の期間中は日程が変則的になるので、先発投手の調整も難しくなるんです。その間、オープナーとしてでもいいから先発要員が増えると、チームは劇的に楽になるんですが…」(同)

 その役目が、吉田に託されたことになる。つまり、斎藤はお呼びではないというわけだ。

 「吉田が投げる予定の13日は木曜日です。実は平日の火曜と木曜は客足がイマイチで、注目の吉田で客足を伸ばせれば最高です。斎藤が今まで首の皮一枚のところで繋がっていたのは、誰よりも人気があったから。斎藤の投げる試合はナンヤカンヤ言って、お客さんが入りましたからね」(同)

 集客面でも斎藤に代わる稀に見る逸材が現れた。しかも斎藤よりも将来性豊かな18歳…。
 吉田の好投は、斎藤にとって「ジ・エンド」を意味することになりそうだ。

関連タグ:野球


スポーツ新着記事

» もっと見る

日本ハム 吉田輝星一軍昇格で斎藤佑「現役アウト」

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP