葉加瀬マイ 2018年11月29日号

貞淑美女タレントの性白書 NHK20代女子アナ「満開エロス」(2) 上原光紀、保里小百合

掲載日時 2018年03月25日 20時00分 [芸能] / 掲載号 2018年3月29日号

 『おはよう日本』でスポーツキャスターを務める上原光紀アナ(1991年3月31日生・26歳)は、宮崎県生まれの横浜市育ち。
 「中学から“慶応ガール”で、慶大法学部政治学科卒。2013年の入局で、2017年4月から東京アナウンス室に配属されています」(前出・NHK関係者)

 学生時代、彼女はフィールドホッケー部に所属していたというスポーツウーマンだ。
 「2016年のリオデジャネイロ五輪で、現地キャスターを務めたことで、一躍有名になりました。“あの美人キャスターはどこの事務所だ?”ってね。Dカップのプルプルおっぱいも大きな話題となりました。“売れっ子”になるまで平均5年といわれているNHK女子アナの中にあって、わずか3年で“全国区”になったのは異例中の異例です」(前出・女子アナウオッチャー)

 この上原アナと同期なのが、赤木野々花アナ(1990年8月8日生・27歳)。
 「岡山県生まれの岡山育ちで慶大総合政策学部卒。ハープ演奏が得意で、4月から、新番組『新世代が解く!ニッポンのジレンマ』でMCを務めます」(前出・女子アナライター)

 好物は、かぼちゃや鳴門金時と“土の匂い”を感じさせてくれる。
 「高校時代は、田んぼのあぜ道を走って通学したという“頑張り屋さん”。日本テレビのイベントコンパニオンとしても活動した経歴を持っています」(イベント関係者)

 珍しい名前の由来だが。
 「文字通り、人知れず野辺に咲く花のように輝いて欲しいという願いを込めて、ご両親が命名したようです」(同)

 セールスポイントは、ズバリ、おっぱいだ。
 「顔立ちも可愛らしいのですが、どうしても“Eカップ”の巨乳に目が行ってしまいます」(前出・女子アナウオッチャー)

 もう、パツンパツンのボインなのだ。
 「ジャケットを着た時などは、ボタンが飛びそうなくらいの勢いです。これから少しずつ薄着になっていくでしょうから、じっくりと舐めまわすように楽しんで欲しいと思います」(写真誌カメラマン)

 もう1人、同期なのが『ニュースウオッチ9』でフィールドリポーターを務めている保里小百合アナ(1990年5月25日生・27歳)だ。
 「メインの桑子アナが平昌五輪に飛んでいる間は、“代役”も務めました」(前出・スポーツ紙記者)

 アメリカ・ニューヨーク州生まれの東京育ちで、上原アナと同じ慶大法学部政治学科を卒業した。
 「8年ほどアメリカで生活して帰国。子役でテレビ出演したことがあります。大学3年の頃、BSフジで学生キャスターをした経験の持ち主です」(在京民放ディレクター)

 信条は『反省しても後悔しない』。
 「初任地は高松放送局でしたが、この頃、『着信御礼!ケータイ大喜利』の現地放送リポーターとして全国放送デビューを飾りました。ムチムチ感とDカップ巨乳がいいと、司会の今田耕司や千原ジュニアも注目していましたね」(前出・女子アナライター)

 杉浦友紀アナに代わって『サタデースポーツ』『サンデースポーツ』で新任の大越健介キャスターとコンビを組むのが副島萌生アナ(1991年12月28日生・26歳)。
 「前任者・杉浦アナ同様、名古屋放送局からの抜擢です。彼女は、青森・弘前市出身の“弘前美人”。慶大卒です。愛称は“めいちゃん”です」(前出・女子アナウオッチャー)

 高校時代、『NHK杯全国高校放送コンテスト』(2008年度)アナウンス部門において『優良』に選出され、翌年春のセンバツ高校野球大会の開・閉会式の司会を担当した経歴を持っている。
 「趣味は、バレエ、ダンスにカラオケ。そして、温泉巡り。夢は甲子園での高校野球の実況だそうです。こちらも、モデル顔負けのスタイルで、“Eカップはある”と、もっぱらの噂です。取材先で、選手たちから“ナンパ”されるのは間違いありません」(スポーツライター)

 20代のNHK女子アナは、百花繚乱だ。

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書

芸能新着記事

» もっと見る

貞淑美女タレントの性白書 NHK20代女子アナ「満開エロス」(2) 上原光紀、保里小百合

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP