RaMu 2018年12月27日号

紅白落選後に明暗がくっきり分かれた浜崎あゆみと倖田來未

掲載日時 2018年11月18日 21時15分 [芸能]

紅白落選後に明暗がくっきり分かれた浜崎あゆみと倖田來未
浜崎あゆみ

 今月14日におおみそかのNHK・紅白歌合戦の出場歌手が発表されたが、「U.S.A.」が大ヒット中のダンス&ボーカルグループ・DA PUMPが16年ぶりの返り咲きを果たした裏で苦渋を飲まされたのが、同グループの所属レコード会社・エイベックスだというのだ。

 「かつてレコード会社の中では最多の枠を持っていましたが年々減少。前年出場組の中で昨年はAAAが、今年はE―girlsが落選。今年はDA PUMPのほか、EXILE、•三代目 J Soul Brothers、三浦大知のわずか4枠になってしまいました」(レコード会社関係者)

 かつてそれぞれ同社の“看板アーティスト”として君臨し、ともに紅白の常連だったのが浜崎あゆみ(40)と倖田來未(36)。

 浜崎は1999年から2013年まで15回連続、倖田は05年から12年まで8回連続出場を果たしたが、2人とももうすっかりお呼びがかからなくなってしまった。

 「ヒット作が出ないので、もう2人に使える宣伝費がありません。だから、2人は“セルフプロデュース”させて好きなようにやってもらっています」(エイベックス関係者)

 その結果、ここに来てすっかり明暗が分かれてしまったようだ。

 「浜崎はブクブク太ったり痩せたりを繰り返しているのに対し、倖田は1児のママにもかかわらず腹筋バキバキ。浜崎は年々パフォーマンスが低下。倖田はダンスもトークもキレキレです」(芸能記者)

 SNSへの投稿ではよく話題になる浜崎だが、もっと本業に力を入れてほしいものだ。


芸能新着記事

» もっと見る

紅白落選後に明暗がくっきり分かれた浜崎あゆみと倖田來未

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP