RaMu 2018年12月27日号

LiLiCoオススメ「肉食シネマ」 ★子供の頃に夢見てたこと、叶えましたか? 『プーと大人になった僕』

掲載日時 2018年09月23日 15時00分 [エンタメ] / 掲載号 2018年9月27日号

LiLiCoオススメ「肉食シネマ」 ★子供の頃に夢見てたこと、叶えましたか? 『プーと大人になった僕』
画像提供元:(C)2018 Disney Enterprises, Inc.

 お仕事お疲れ様です!

 夏の暑さが相当、堪えたのか、知らないうちに体力も低下しています。特に今年に限っては、夜に冷たいビールを呑んでも、余韻がとても短く、すぐに汗で出てしまう感じで、まったく酔えませんでした。

 今週は『プーと大人になった僕』をご紹介。
“また子ども向けか!?”と思うでしょう。でも、これは間違いなく、疲れたサラリーマンに効く1本です! パートナーがいたら、ぜひとも、映画館で一緒に癒やされてほしいです。

 予告編を見た方は、プーさんのことを、“ちょっとくたびれた感じ”と思うかもしれません。でも、そうではなく、この作品はオリジナルの絵本を大切にしていて、その絵本に出てくるプーさんが物語に登場するルックスなんです。アニメやキャラクターグッズのプーさんを見慣れているせいか、最初こそ違和感を覚えますが、とにかく、みんながよく知っているくまのプーさんと主人公のクリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー)は変わりません。

 “100エーカーの森”に住む仲間と、ずっと仲良く暮らすのが子供の頃からの約束。でも、クリストファーは大人に成長し、家族には恵まれたものの、仕事ばかりの毎日です。男なら誰だって成功したい、家族を養うために仕事を頑張りたいと思うもの。でも、仕事に没頭しすぎて、愛している家族のことにまで気が回らない始末です。

 そんなある日、ロンドンに住むクリストファーのもとに、“仲間たちが見つからないから一緒に捜してほしい”と、プーさんが突然、現れます。おっちょこちょいなプーさん、そして、昔と変わらない仲間たちも登場するなど、可愛くて切ないシーンが満載。クリストファーが久しぶりに訪れる森はとっても懐かしく、それなりに楽しい時間をすごしますが、やっぱり仕事に戻らないといけない使命感で、心の底では落ち着かない…。

 様々な出来事に遭遇しながら、クリストファーが最後に見つけた本当に大切なものとは?
 私は、いつもスウェーデンに帰ると、ママゴト遊びをしていた場所に行きます。モミの木の枝の屋根と、奇跡的にテーブルと椅子になっている石は、40年前と何も変わりません。そこが私にとっての“100エーカーの森”。初心に帰ることができる場所です。

 皆さんの“100エーカーの森”はどこですか? 仕事のストレスで子どもの頃の夢を忘れてはダメだと思うんです。たまには夢を見ていた“あの頃”を思い出してみるのも大事なのではないでしょうか。

画像提供元:(C)2018 Disney Enterprises, Inc.
----------------------------

■『プーと大人になった僕』
監督/マーク・フォースター 出演/ユアン・マクレガー、ヘイリー・アトウェル、ブロンテ・カーマイケル、マーク・ゲイティス、ジム・カミングス 配給/ウォルト・ディズニー・ジャパン 9月14日(金)全国ロードショー。■かつて「100歳になっても、君のことは絶対に忘れない」と約束を交わしてプーさんと別れたクリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー)。大人になった現在は、平凡な会社員として、妻と娘とロンドンで暮らしながら多忙な生活を送っていた。そんなある日、仕事のトラブルを抱えて頭を悩ませていると、目の前に親友プーが現れる。一緒に、森の仲間たちを捜してほしいと頼まれ…。

********************
LiLiCo:映画コメンテーター。ストックホルム出身、スウェーデン人の父と日本人の母を持つ。18歳で来日、1989年から芸能活動をスタート。TBS「大様のブランチ」「水曜プレミア」、CX「ノンストップ」などにレギュラー出演。ほかにもラジオ、トークショー、声優などマルチに活躍中。

関連タグ:シネマ


エンタメ新着記事

» もっと見る

LiLiCoオススメ「肉食シネマ」 ★子供の頃に夢見てたこと、叶えましたか? 『プーと大人になった僕』

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP