宇垣美里 古巣のTBSを「民度が低い」 “毒舌”でタレント生命終了?

芸能・2019/08/03 21:15 / 掲載号 2019年8月8日号
宇垣美里 古巣のTBSを「民度が低い」 “毒舌”でタレント生命終了?

宇垣美里

閉じる

 元TBS女子アナの宇垣美里(28)が、7月12日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で、古巣TBSを評して「民度が低い」と発言。TBSだけでなく、各テレビ局から総スカンを食らい、早くもタレント生命が危ぶまれている。

 宇垣は2014年にTBSに入社。『ポスト田中みな実』として上層部から期待されたが、入社早々の5月、テレビ朝日の草薙和輝アナとの密会を写真週刊誌に報じられた。

 「2016年には、ジャニーズ事務所の『Hey!Say!JUMP』伊野尾慧との交際も報じられました」(情報番組スタッフ)

 当時、宇垣は『あさチャン!』サブキャスターを務めていた。情報番組のキャスターでありながら、タレント、こともあろうにジャニタレと熱愛が報じられるのは脇が甘すぎる。

 「宇垣は、酒を飲むと男にすぐしなだれかかる“だらしない女”と以前から評判だった」(番組関係者)

 こうした男スキャンダルがいつ飛び出すか分からない宇垣に、番組プロデューサーは2018年3月末をもっての降板を通告。しかし、宇垣はこれにブチ切れた。「なんで、私が降りなきゃならないんですか」と泣き叫び、凄い剣幕でコーヒーが入ったカップを壁に投げつけて「19階に行く」と部屋を飛び出したという。

 「TBSの19階には、人事部とコンプライアンス部がある。宇垣は納得いかないとして直訴しに行ったんです」(前出・情報番組スタッフ)

 結局、宇垣は3月末で退社し、大手芸能プロ『オスカープロモーション』に所属することになった。

 「問題の番組で、宇垣はコーヒーカップ事件は否定しましたが、降板でプロデューサーと口論になったことは認めた上で、『私とプロデューサーしか知らない話がどうして外に出るの?(TBSの)民度が知れるわ』とブチまけたんです。TBS関係者からは“お前には言われたくない”と怒りの声が上がる始末。他局も何をしでかすか分からない宇垣の起用に及び腰ですよ」(制作会社幹部)

 口は災いの元。

関連記事
関連タグ
芸能新着記事