森咲智美 2018年11月22日号

日テレがNOを突きつける小山慶一郎報道番組への完全復帰

掲載日時 2018年09月04日 19時00分 [芸能] / 掲載号 2018年9月13日号

 日本テレビとジャニーズ事務所がまさに一触即発の事態に陥っている。
「結論次第では、ジャニーズ事務所はすべてのタレントを日テレから引き上げるかもしれない。この路線からは、絶対に撤退しないという決意表明のようなものです」(芸能プロ関係者)

 今回、キーマンとなっているのがNEWSの小山慶一郎(34)。未成年飲酒騒動により、報道番組『news every.』の出演を6月7日から自粛し、いまだ完全復帰の目途が立っていないのだ。
「ジャニーズとしてはNEWSとしての活動は再開させ、2カ月近くが経過している。同グループの加藤シゲアキが主演する日テレのドラマ『ゼロ 一攫千金ゲーム』の最終回にも出演することが内定した。だが、肝心要の『news every.』だけ復帰できない。日テレ側が首を縦に振らないんです」(テレビ事情通)

 ドラマを担当するPR関係者が、その理由について解説する。
「制作局と報道局の間で意見が割れているんです。ジャニーズとべったりなのが制作局。だからドラマ出演は早々にOKになった。ところが、いまだ首を縦に振らないのが報道幹部。未成年と飲酒したキャスターを再起用したら番組いや、日本テレビの報道の信ぴょう性が問われてしまう。だから復帰を認めないんです」

 なんと同局の報道関係者らは、このまま小山を完全降板させるべく動いているという。こうした一部の動きに猛反発をしているのがジャニーズ事務所だ。

「アイドル路線が頭打ちの中、キャスター戦略はドル箱なんです。だから全面戦争になっても、小山降板を阻止したいんです」(前出・芸能プロ関係者)
 改めて脚光を浴びるのが双方の損害額だ。
「ジャニーズ事務所の損失は、ギャラだけで年30億円はくだらない。一方の日テレも、ジャニタレが出演しないとなった場合、若い女性の視聴者を失いかねない」(放送作家)

 共存共栄の道が正しいと思うが…。

関連タグ:芸能マル秘報告

芸能新着記事

» もっと見る

日テレがNOを突きつける小山慶一郎報道番組への完全復帰

Close

WJガール

▲ PAGE TOP