噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 鷲見玲奈(29)軒並み高いエロ偏差値!

芸能・2020/04/08 22:00 / 掲載号 2020年4月16日号
噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 鷲見玲奈(29)軒並み高いエロ偏差値!

鷲見玲奈

閉じる

 テレビ東京を退社し、この4月からフリーアナウンサーとして新たなスタートを切った鷲見玲奈。なかなか強い顔相の持ち主で、局アナと比べてより芸能人的な資質が求められるフリーアナとしては、活躍が期待できる女相だ。

 目力が強く、上瞼ラインが目尻部で上がっているのは、意欲・体力の充実した自信家で、意地っ張りの相。また、上瞼ラインの目頭部(特に右目)がひしゃげたようになっているのは、冷静・老獪で人の心を先読みして立ち回れる「やり手」の相だ。

 長く、大きく、横幅もある鼻だが、高さはあまりなく、気長で、かつ打たれ強い。鼻筋が中段で太くなっているのは、文字通り鼻っ柱の強い気質の現れだ。

 大きめの口で、歯列のアーチが大きく、門歯も大きく、スタミナには恵まれるも、行動や心性はガサツで男っぽい。耳廓(耳の内側の軟骨部分)が(程度は強くないが)出っ張っていて、自己主張が強く、性愛の場面でも、社会生活においても、癒やし系の優しさは期待できない。

 若い頃から性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分)の張りが素晴らしくよく、性感鋭敏・性欲旺盛の相。眼光にいい感じの水気はあるも、淫や媚を感じさせず、現時点では抑制が利いている。唇に程よい厚みがあり、上下のバランスもよく、情愛も申し分なしと観る。

 ただ、彼女は唇に歓待紋(細かな縦皺)が少なく、ベッドでは進んで奉仕性戯を繰り出すタイプではない。

 目頭に切れ込みがなく、セックスに計算を持ち込まず、雰囲気を盛り上げるための艶技や感じたフリもしない。短い鼻下はモテ相の1つだが、好悪の感情が激しく、ベッドで相手男性を失望させることも少なくないだろう。

 右臥蚕にあるホクロは誘惑に弱い浮気ボクロで、豊かな臥蚕(モテ相の代表格でもある)からも、男縁には事欠かず、今後、男性遍歴を重ねそうだ。

【官能度】【スタミナ度】は共に「4」、【モテ度】は「4」寄りの「5」と、エロ偏差値は軒並み高い。

 先天的名器度が現れる耳穴の下の溝が浅めで、後天的名器度の指標となる口元の肉付きと締まりも平均値で、【名器度】は「2」寄りの「3」。

 彼女は下停(鼻下からアゴ先まで)が長く、肉付きも悪くなくて、(異性愛とは異なる)家族愛や人類愛に厚く、晩年運もよい。【良妻度】は「4」寄りの「3」と高めながら、口角(唇の両端)の外側に入る縦筋が初婚に破れる相で、晩婚もしくは再婚後、吉に転じる。

 若い頃の上がり眉が加齢と共に少し下がって穏やかな相に変化したのと、小鼻の張りがあげまん要素ながら、勢いのある口相と臥蚕相がマイナスで、【あげまん度】は「2」どまりだった。

***************************************
【劉飛昶プロフィール】劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連記事
関連タグ
芸能新着記事