片山萌美 2019年7月4日号

スポーツキャスターから俳優まで!?各局がしのぎを削るイチロー出演オファー

掲載日時 2019年04月07日 17時30分 [芸能] / 掲載号 2019年4月11日号

 民放キー局のキャスティングプロデューサーが、現役引退を発表した大リーグ、シアトル・マリナーズのイチロー(45)を巡って、大争奪戦が展開中だ。

 「みな、一斉にスタートといった状態です。各テレビ局の混乱ぶりは、ものすごいことになっている。慌ててイチロー班を編成し、これからキャスティング交渉を始めるというのです。各局、何とかイチローを囲い込めないかと躍起になっているのです」(編成関係者)

 3月21日、東京ドームで行われたアスレチックスとの開幕2戦目の終了後、記者会見を開いたイチローが、何の前触れもなく突如、引退発表を行った。

 「イチローが引退を考えていることについては、事前に情報を察知していた各テレビ局でしたが、少なくともXデーは平成が終わり新元号になってからの話だと思われていた。それだけに、マスコミ各社は慌てふためきました」(テレビ関係者)

 白熱する出演オファーだが、そもそもイチローに何をやらせようというのか?
「一つは、東京五輪を見据えたスポーツキャスターのポジションです。野球は当然として、スポーツ全般について、うんちくを語ることができますからね」(同)

 また、意外なセクションからも出演オファーが殺到しているという。
「ドラマです。彼は2006年に放送されたドラマ『古畑任三郎スペシャル』(フジ系)に犯人役で出演し、大好評を博した。以来、俳優業にも興味があると言われおり、ハリウッド映画にも出演する可能性も取り沙汰されています」(同)

 気になるイチローの出演料だが…。
「お金にはこだわっていません。メジャーで使い切れないほど、もらっていますから。しいて言うなら、1の数字に徹底してこだわっています。だからスポーツキャスターでも俳優でも、すべてギャラは税込みで1時間当たり111万円とか」(テレビ関係者)

 ちなみにプロデューサーの情熱と交渉次第では、一桁安くなることもあるという。まさにイチロー哲学。

関連タグ:マル秘報告書


芸能新着記事

» もっと見る

スポーツキャスターから俳優まで!?各局がしのぎを削るイチロー出演オファー

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP