RaMu 2018年12月27日号

主演ドラマの視聴率が伸び悩むも“エロ指数”は圧勝した菜々緒

掲載日時 2018年05月01日 19時07分 [芸能]

主演ドラマの視聴率が伸び悩むも“エロ指数”は圧勝した菜々緒

 女優でモデルの菜々緒(29)の主演のドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」(日本テレビ系)の視聴率が伸び悩んでいる。

 同ドラマは菜々緒演じる冷酷非情の人事コンサルタントが、企業のセクハラ、パワハラ、派閥争い、モンスター社員などの問題を解決していくオフィスエンターテイメントなのだが…。

 「初回からいきなり大手生命保険会社の新入社員を研修でふるいにかけて大量に“リストラ”するなど、問題作になりそうだったが、いまいち盛り上がらず。第3話までの最高視聴率は初回の9.6%で2ケタに届いていない」(テレビ局関係者)

 とはいえ、ドラマの見どころは、菜々緒が太ももまでスリットの入ったスカートからスラリと伸びた美脚を振り上げて回し蹴りをするシーン。

 今クールのドラマの中の女性の登場人物の“エロ指数”ではほかを寄せ付けずに圧倒しているのだ。

 「2月に交際が報じられた菅田将暉にはどうやらほかにも女がいて、遊ばれていたのが発覚。そこでやけになった菜々緒は、足を思いっきり振り上げてストレスを発散しています。股間がもろに見えてしまうため、回し蹴りのシーンの際、スタジオにはやたら男性陣が集まっているようです。中には菜々緒に蹴られたいだけにMっ気たっぷりのCMスポンサー企業のお偉いさんもいたりするそうです」(日テレ関係者)

 回し蹴りのシーンを増やしたり、スリットを深くしたりとか視聴率アップのために菜々緒は体を張ってくれそうだ。


芸能新着記事

» もっと見る

主演ドラマの視聴率が伸び悩むも“エロ指数”は圧勝した菜々緒

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP