中島史恵 2019年6月6日号

春競馬クライマックス 有名人馬主知られざる裏話①

掲載日時 2019年05月08日 17時00分 [エンタメ] / 掲載号 2019年5月23日号

春競馬クライマックス 有名人馬主知られざる裏話①
北島三郎

 キタサンブラックを所有した北島三郎をはじめ、有名人馬主は競馬界を盛り上げてくれるが、馬運に恵まれた人、所有馬がまったく走らない人など、その馬主人生はさまざまだ。春競馬真っ盛りの今、有名人馬主10人の知られざるエピソードを集めてみた!

北島三郎/病み上がりの中で『まつり』を熱唱

 北島三郎(82)は愛馬のキタサンブラックがGⅠを勝利するたびに、「♪まつりだ、まつりだ、キタサンまつり〜」と歌ってみせたが、2016年11月27日のジャパンカップを勝利したときは、歌うかどうか微妙だった。

 まだ病み上がりの身に加え、当日は小雨が降っていて足元が悪い状態だったからだ。サブちゃんは同年の9月12日、頸椎症性脊髄症の手術を行っており、10月22日に退院した後はリハビリに努めていた。

 その甲斐あって徐々に体調は回復してきたが、それでも手足がしびれて、歩行がおぼつかない状態が続いていた。

 ジャパンカップを勝ったのはいいものの、表彰台に上って表彰を受けなければならないから、関係者は心配でしょうがない。そのため、当日はお付きの人が左右について、支え上げるようにして台に乗せた。

 表彰式が終わると、サブちゃんは周囲の心配をよそに、『まつり』を歌い始める。ただし、ワンフレーズだけだった。
(明日に続く)

関連タグ:有名人馬主


エンタメ新着記事

» もっと見る

春競馬クライマックス 有名人馬主知られざる裏話①

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP