葉月あや 2019年5月2日号

人気急上昇中の若手俳優・太賀 事務所ががひた隠す“父親の過去”

掲載日時 2018年12月24日 21時30分 [芸能] / 掲載号 2018年12月27日号

 日曜夜の連続ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)のヤンキー役で人気上昇中の若手俳優・太賀(25)の父親をめぐり、所属事務所が神経質になっている。

 「太賀は俳優・中野英雄の二男なんですが、暴力団との黒い交際が噂されていた中野が7年前に雑誌で“暴力団絶縁宣言”をした。そのことで事務所は“中野英雄の息子”と呼ばれることを避けたいみたいですね」(スポーツ紙記者)

 太賀は2006年に芸能界デビュー。映画『桐島 部活やめるってよ』やNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』に出演して脚光を浴びた。昨年、準主演映画『南瓜とマヨネーズ』、5月には『海を駆ける』が公開された売り出し中の俳優だ。
「取材でも、父親について触れないよう事務所側は注意を払っています」(同)

 中野は'92年に放送された『愛という名のもとに』(フジテレビ系)の“チョロ役”でブレーク。主に脇役として活動していたが、'10年に公開された北野武監督の映画『アウトレイジ』に大抜擢された。
「映画は興行配収7億5000万円とヒットした。北野監督は続編『アウトレイジ ビヨンド』を企画し、'11年4月にクランクインする予定だったんです。しかし、同年3月11日に東日本大震災が起き、“映画を撮っている場合じゃない”として延期になったんです」(映画関係者)

 撮影の目途が立ったのは同年10月。ここでも難題が持ち上がった。全国で施行(10月1日)されることになった暴力団排除条例だ。
「中野は暴力団幹部と銀座の高級クラブで豪遊する姿が頻繁に目撃され、黒い交際が絶えなかった。プロデューサーが中野に直接話を聞いた際、彼は“僕は役者を続けたい。これまでの暴力団との関係をウソ偽りなく話して暴力団と絶縁する”と言ったんです」(同)

 実は、暴排条例施行直前に中野が“暴力団絶縁宣言”した雑誌は本誌('11年10月20日号)だったのだ。
「太賀は親の七光ではなく、実力でのし上がってきた俳優です。父親の中野の存在にナーバスになる必要はありませんよ」(同)

関連タグ:スクランブル


芸能新着記事

» もっと見る

人気急上昇中の若手俳優・太賀 事務所ががひた隠す“父親の過去”

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP