菜乃花 2018年10月04日号

広瀬すず「ハードな役…」発言で現実味を帯びてきたDカップ“ピーチ乳”完全露出

掲載日時 2018年09月09日 21時00分 [芸能] / 掲載号 2018年9月13日号

広瀬すず「ハードな役…」発言で現実味を帯びてきたDカップ“ピーチ乳”完全露出
広瀬すず

 広瀬すず(20)の突然の衝撃願望告白に芸能スズメたちは狂喜した。
「姉(広瀬アリス)がハードな役を演じていると、うらやましいなって思いますし、身がすり減るような、ハードな役も演じたいです」と訴えたのだ。

 これは“ハードSEXシーン”願望とみられ、乳首出し濡れ場解禁のカウントダウンかと波紋が広がっている。

 「問題の告白は、8月21日に大手ニュース配信サイト『ヤフーニュース』が独自記事としてアップした、広瀬のインタビューの中でありました。8月31日公開の出演映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』に関連したインタビューでしたが、そこで広瀬は、自身が“負けず嫌い”と告白しつつ、姉・広瀬アリスについて“姉のハードな役がうらやましい”“あのような役を演じたい”と驚愕発言をしたのです」(芸能記者)

 映画業界で「ハードな役」といえば、ずばり、全裸SEXシーンをさすことは常識。

 「今回の広瀬の爆弾告白も、ハードなSEXシーンと、乳首も露出した全裸ヌードを志願していることにほかなりません。広瀬は10代の頃から、“役柄のためにはいつでも脱げます”とか、“どんなシーンでも断りたくない”などと、脱ぎや濡れ場に挑みたいという姿勢を関係者に明かしていたといいます。ちょうど今年6月、20歳になったタイミングで、一気にエロ願望を明かし始めたものと考えていいでしょう」(同)

 ただ、広瀬は来年4月スタートで、NHKの朝ドラ100作目の記念的作品となる『なつぞら』のヒロインが決まっている。

 「それだけに、放送期間中の4〜9月は、強烈な“朝ドラ縛り”があり、男性スキャンダルや刺激的な芸能活動は絶対NGになります。とはいえ、インタビューで“ハードな役を演じたい”と言ってしまうほど、爆発寸前の今の広瀬の精神状態からすると、ドラマ終了まで待てないはず。となると、直前の1〜3月頃に公開される映画で“駆け込み”的に過激役に挑む可能性が十分あるわけです」(スポーツ紙記者)

 実際、すでに始まっている『なつぞら』ロケの間をぬって、超極秘に過激映画の打ち合わせをしているとの情報も流れているのだ。

 「すでに20歳になったこともあり、正常位での全裸SEXだけでなく、騎乗位、ディープキスなどを織り込んだ過激作プランが、一気に進んでいると映画業界でまことしやかに囁かれ始めています。そこでは“美しすぎるおっぱい”と言われ、今もなお成長中とされるDカップピーチ乳と、ピンク色と言われるツンと勃った乳首を公開するに違いありません」(映画関係者)

 広瀬がそこまで、演技に思い詰めているのにはワケがある。超肉食系とされるにもかかわらず、『なつぞら』ヒロインに決まったため、放送終了まで男遊びができないことが一つ。

「また、今年1月には、仲よしの実兄が地元静岡で酒気帯び運転容疑で逮捕され、広瀬まで謝罪するハメになったこともあります。他にも、1月期の主演連ドラ『anone』(日本テレビ系)が平均視聴率6.1%と爆死し、女優として岐路に立たされているということもあるのです」(芸能関係者)

 『週刊実話』既報通り、『なつぞら』の現場では、NHK朝ドラヒロインの大先輩・松嶋菜々子からの“パワハラ被害”疑惑も勃発している。

 「100作目の記念的作品で、絶対コケられないという大きなプレッシャーの中、松嶋との緊張関係も含め、トラブル続きなわけです。広瀬がプッツン寸前になるのも無理はなく、それだけに20歳になった勢いで、過激SEX&乳首出しヌードを見せる作品で、すべてを吹っ切る可能性が高まっているのです」(同)

 アリスが脱げば、すずも脱ぐ! 美人姉妹ヌード競艶の熱風なら大歓迎だ。

関連タグ:広瀬すず

芸能新着記事

» もっと見る

広瀬すず「ハードな役…」発言で現実味を帯びてきたDカップ“ピーチ乳”完全露出

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP