葉月あや 2019年5月2日号

「激安スーパー玉出」創業者逮捕 遊郭・飛田新地が壊滅に戦々恐々①

掲載日時 2018年12月19日 12時00分 [社会] / 掲載号 2018年12月27日号

 パチンコ店と見紛うド派手な店構えと、激安販売で知られる大阪のスーパーマーケット「スーパー玉出」。その名物創業者・前田託次容疑者(74)が、12月3日、大阪府警捜査四課に組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)の容疑で逮捕された。

 前田容疑者は、徹底した安売り商法でスーパー玉出を一代で繁盛店にした立志伝中の人。現在は経営権を関東の食品会社に売却し、静かに老後を送っていたという。
「経営の第一線に立っていた頃は、その強引な商法や外国人労働者の酷使などで、なにかと物議を醸したことも事実です。反社会的勢力との関係も、病院などの不動産買収にからみ、何度も噂には上っていました。それだけに、今回の『組織犯罪処罰法違反』による逮捕も、業界では比較的冷静に受け止められています」(地元関係者)

 府警は認否を明らかにしていないが、前田容疑者にかけられた疑いは、飛田新地内にあるスーパー玉出所有の土地建物を、「売春に使われると知りながら料亭として暴力団関係者に貸し、賃貸料を売春の売り上げの中から受け取っていた」というものだった。

 開店以来、前田容疑者に渡った家賃収入は約2000万円とみられている。

 ちなみに、前田容疑者が貸していたとされる料亭は閉店を余儀なくされているが、それまでは新地のメインストリートに位置する人気店だったという。
「平均年齢が高い新地にあって、若手が数多く在籍し、他の店とは雰囲気もサービスも違ってました。今回の摘発で、『さすがは前田さんが関係していた店や』と、地元のファンは妙に納得したそうです」(風俗ライター)

 大阪の飛田新地といえば、かつての遊郭の風情が残る全国でも数少ない“色街”。いわゆる「チョイの間」で何が行われているかは誰もが知るところだが、これまで警察の大きな摘発を受けることはなかった。

 「ここは昔から“暴力団は、客として来ることはあっても、経営には関わっていない”というのが建前になってます。私らも、逃げも隠れもしないから、警察も見て見ぬフリをしてくれてたんと違いますか」(地元の料飲組合関係者)

 半ば公然と商売ができていた地域の摘発に、突如、警察が本腰を入れてきた要因はいくつかあるという。
(②に続く)

関連タグ:飛田新地


社会新着記事

» もっと見る

「激安スーパー玉出」創業者逮捕 遊郭・飛田新地が壊滅に戦々恐々①

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP