☆HOSHINO 2019年6月27日号

Google Mapの変更にスマホユーザー大パニック!

掲載日時 2019年03月22日 22時00分 [社会]

Google Mapの変更にスマホユーザー大パニック!
画像はイメージです

 「Google Mapからバス停や林道、ランドーマークが消えた」との報告が、3月21日夜からネット上に相次いでいる。

 今や数あるスマホアプリの中でも、もっとも使用頻度が高いのがGoogle Mapだろう。単に地形を表示するだけでなく、経路探索や店検索になくてはならない便利機能が満載されているが、21日夜から「以前とマップが変わってしまった」と話題になっている。

 「Google Mapの地図右下を見ていただくと分かるのですが、以前からあったコピーライト表記の“ZENRIN”の文字が消え、“地図データ©2019 Google”となっているんです。どうやら大手地図メーカーのゼンリン地図からGoogleの独自地図データに変更したようですね。今までの地図表記とかなり異なっているので、戸惑っているユーザーも多いんじゃないでしょうか」(IT系ジャーナリスト)

 実はGoogleは3月6日に日本向けの地図を新たに開発したとすでに発表済みで、新しい地図では徒歩ナビゲーションなどを強化し、より使いやすくなるといわれていた。しかし、いざ、フタを開けてみればユーザーからの苦情が殺到している状態だ。

 ネット上では「Googleの進化に期待したいけど、ゼンリン外してどうなることやら」「うちの近所の獣道が普通に道路として表示されてるぞw」「うわ、海の中に国道が走ってるw」「駐車場が軒並み道路になってるんだが、まさか地図を信じて入り込んでくる人いないかヒヤヒヤしてる」など、まだまだ不完全な地図にユーザーの不安が見て取れる。

 「地図の不具合で思い出されるのは2012年9月から2013年3月にかけて、iOSのマップアプリで不具合が起きたことですね。JR青梅線上に実在しない“パチンコガンダム駅”が表示されて話題になりました。このときはアップルがGoogle Mapから自社開発データに置き換えたことにより、地図上にありえない地名やバグが散見されました。ユーザーからは『史上最悪のアップデート』と酷評されましたね。あまりにも使えない地図だったために、別途、Google Mapアプリをダウンロードして使用する人が続出する事態に。今回のGoogle Mapもバグ修正にはしばらく時間がかかるでしょうね」(同・ジャーナリスト)

 日本国内では他に『マップル』の昭文社が有名だが、こちらは無料ナビアプリの影響で業績が悪化しており、近年は、ゼンリンの独り勝ちが続いていた。しかし、ここに来てGoogleとの提携が解消されたことで、先行きを不安視する声が広がっている。22日現在、ゼンリン株は2463円(前日比−16%)と急反落し、1月29日以来、およそ2カ月ぶりの安値を付けている。

 一般ユーザーにはあまり知られていないが、ゼンリンのライセンス契約の厳しさは業界でも有名だという。コストを重要視し、衛星とGoogleカーを使った独自マップに移行するのはある意味、Googleにとって必然だったのかもしれない。


社会新着記事

» もっと見る

Google Mapの変更にスマホユーザー大パニック!

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP