岸明日香 2018年12月20日号

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 ★倉科カナ(30) エネルギッシュな絶倫家!?

掲載日時 2018年09月23日 23時00分 [官能] / 掲載号 2018年9月27日号

 今回取り上げるのは、俳優・竹野内豊との「結婚」が噂されている女優の倉科カナ。現在、ドラマ『刑事七人』(テレビ朝日系)に女刑事役で出演している。

 目鼻立ちの大きな、花のある顔貌で、広い目間、幼児性を残した丸みのある鼻、垂れ加減の目に優しい眼光と、ユルい相がそろっていて、いかにも男受けのよいモテ相(見方を変えると尻軽相にもなる)の持ち主だ。

 そんな彼女も今や三十路。改めてドラマの画面で観相すると、若い頃と比べて結構相に変化があり、エロス面の派手さが薄まって、落ち着き(よく言えば安定、悪く言えば停滞)が出てきた。

 プリプリに充実していた臥蚕(下瞼のサヤエンドウ形の部分)の張りが薄くなって、性愛のポテンシャルは落ちてきたものの、切れ込んでいた目頭に丸みが出てきて、性愛がらみの打算性は減少している。

 相学で判ずる限りでは、彼女の中では「結婚」が現実に近づいてきている証左で、逆に今後、目頭の切れ込みが元に戻ったり、上瞼ラインが目頭でひしゃげたような印象に変わってくれば、「結婚」は遠のいたか、彼女のほうで心変わりが起こったかの、どちらかということになる。

 彼女は口、門歯が大きく、金甲(小鼻)も張っていて、(ガサツな一面はあるも)エネルギッシュな絶倫家。一方、受動愛の下唇が厚く奉仕愛の上唇が薄いのは、「甘えん坊の構ってちゃん」。ベッドの上でも依存的で、受け身一方の愛戯を欲しがる。

 左首筋のホクロは博愛ボクロで押しに弱く、左命門(目尻と耳の間)の目立つホクロは性愛がらみで秘密を持つ相で、どちらも浮気や裏切りを暗示している。

【淫乱度】は今のところ「3」と、中の上どまりだが、【尻軽度】と【絶倫度】は「4」と高い。
 先天的名器度を観る耳穴の下の溝が、左耳は名器相ながら右耳は凡相。後天的名器度を示す口元の肉付きは悪くないが、やや締まりに欠け【名器度】は「3」。
 彼女は耳廓(耳の内側の波打った部分)が出っ張っていて、オーガズム時の膣収縮が激しく、男性側が実感できる【名器度】ならば「4」となる。

 豊かな金甲があげまん要素ながら、一文字眉が反あげまん相で、勢いのある口相や垂れた眼形もマイナス要素。【あげまん度】は「1」と低い。

 総じて女性的な顔相だが、眉相が強く、角張った耳(頑固でマイペース)や広い角額(情に流されず智に勝る)といった、サバサバした男性的な要素も色濃く内包していて、彼女を妻とする男は、「俺について来い!」だけでは続かない。

 その点、竹野内は(ヒゲで見た目を惑わされるが)口相が優しく、額のラインに丸みがあって、顔相が倉科と相補的で、稀なよい組み合わせと観るのだが…。

***********************************
【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

関連タグ:噂の美女・劉飛昶の淫相学


官能新着記事

» もっと見る

噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 ★倉科カナ(30) エネルギッシュな絶倫家!?

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP