美音咲月 2019年7月25日号

カトリックが「エクソシスト=悪魔祓い」養成センター設立計画を発表!

掲載日時 2019年06月25日 07時00分 [エンタメ]

 1973年に公開されて大ヒットし、後のオカルト映画ブームのきっかけとなった『エクソシスト』。悪魔に取り憑かれた少女リーガンの可憐な顔が邪悪な形相へと変わる様子や、悪魔を払おうとする神父に対して卑猥な言葉を連発する姿など、悪魔に取り憑かれた際の恐ろしい行動に凍り付いた人も多い。このリーガンに取り付いた悪魔を払う神父が、いわゆる「エクソシスト」として登場した。

 「エクソシストは悪魔に憑かれた人から悪霊を追い払う儀式を行い、対象を完全に清め、治癒するために奉仕する人々で、語源はギリシャ語の『追い払う』という意味の言葉「Exorkizein」から由来しています。2014年、教皇フランシスコにより、バチカン法王庁聖職者省が『国際エクソシスト協会』をカトリック団体として公認すると発表しています」(宗教ジャーナリスト)

 「悪魔祓い」は、現代のカトリック教会の公式見解としては、その前段として、依頼者が精神的もしくは肉体的病気ではないかと確認することが必要となる。そして医学的に説明がつかないとされた場合、ようやく悪魔祓いの許可が下りる。

 「悪魔の存在の証明は、神の存在証明より人間にとって緊急であり重要です。21世紀に入り、科学は飛躍的に発展し、人々はビッグデータを神のように受け取り、IT技術を駆使して生きているものの、その一方でエクソシストへの依頼が増えているのです」(同・ジャーナリスト)

 悪魔の存在とその実相について、第4ラテラン公会議(1213〜1215年)では、「悪魔とその群れは本来、神によって善の存在として創造されたが、自ら悪になった」と記述されている。

 6月15日、バチカン・ニュースが報じたところによると、欧州の代表的なローマ・カトリック教会傘下のポーランドで、エクソシストを養成するナショナル・センターが設立される計画だという。

 ちなみに、ポーランド出身のローマ法王、列聖したヨハネ・パウロⅡ世はエクソシストとして有名だった。彼は、教皇在任中に少なくとも3回の悪魔祓いを行ったとされている。なお、ポーランド教会はイタリア教会に次いで多い約120人のエクソシストと呼ばれる聖職者がいる。

 進化論を深く信じる日本には「悪魔」はいないが、キリスト教社会では実存しているようだ。


エンタメ新着記事

» もっと見る

カトリックが「エクソシスト=悪魔祓い」養成センター設立計画を発表!

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP