NHK和久田麻由子アナ『紅白歌合戦』で魅せる“超エリートボイン”の破壊力

芸能・2019/12/09 12:00 / 掲載号 2019年12月12日号

 NHKの和久田麻由子アナが大みそかの『NHK紅白歌合戦』で、内村光良とともに総合司会を初めて務めることが決まった。すると早速、本番での“超ボイン”ナマ披露に期待の声が高まった。

「紅白では昨年、一昨年と2年連続で内村と桑子真帆アナが総合司会を務め、今年も同じコンビになることが既定路線でしたが、和久田アナの初担当が決まり、業界に衝撃が走りました。というのも和久田アナ、東大経済学部卒の超才媛で女優並みの知的美貌を持つことから、NHKの“最強美女アナ”と呼ばれる秘密兵器だったのです。報道畑にいた和久田アナが芸能ジャンルに参戦することで、今後、女子アナ界の勢力図にも影響が出るかもしれません」(芸能記者)

 幼少期を米国で過ごし、国内屈指の進学校、女子学院中・高等学校を卒業。東大ではラクロス部のマネジャーを務めるなど、スポーツ女子でもある。

「2011年に入局し、岡山放送局に赴任したのですが、わずか3年で東京アナウンス室に配属されました。その年、すぐに看板番組『おはよう日本』土日キャスターを務め、翌15年には同番組の平日キャスターに抜擢されるなど、エリートコースを歩んでいる“朝の顔”なのです。今回の紅白司会人事でNHKは、言い間違いをするなど危なっかしい桑子アナを外し、1年後輩の和久田アナを一気に売り出す方針にかじを切ったことが鮮明になりましたね」(同・記者)

 私生活でも今年2月、早大時代に箱根駅伝ランナーも務めた商社マンと結婚。公私ともに順調の中、紅白では“セクシー露出”計画を立てているというのだ。

「和久田アナは10月28日の司会発表会見で“目一杯、番組を盛り上げていきたい”と意味深に宣言していました。新婚で女性ホルモン分泌が活性化しているためか、最近、みるみる巨乳化していて、今や推定87センチのEカップはある。和久田アナは、そんな“ボイン”の谷間を露出したセクシードレスを披露する計画を周囲に打ち明けているというのです」(NHK関係者)

 和久田アナ、新婚にもかかわらず夫が最近、海外赴任したため、事実上の“独り身生活”が続いていると一部で報じられている。

「三十路女の“不満”がたまりまくっているのかもしれません。美脚を大胆露出し、お尻のラインも見せるボディコン風ミニスカ衣装も用意するとか。紅白で成功すれば、新エースの座ゲットは確実ですからね」(同・関係者)

 紅組司会の綾瀬はるかと“巨乳競艶”だ!

関連記事
関連タグ
芸能新着記事