林ゆめ 2018年12月6日号

【動物の不思議】繁殖が下手すぎて絶滅の危機に瀕している?

掲載日時 2018年08月05日 13時01分 [エンタメ]

【動物の不思議】繁殖が下手すぎて絶滅の危機に瀕している?

 今や地球上のパンダは3000頭にまで激減。イギリスの新聞では、絶滅の危機に瀕しているのは「あれが下手だから」とまで叩かれる始末で、これには動物学専門のエッセイストが反論している。

 いわく、パンダの精子数はほかのクマ科と比べても20倍と多く、“種付け”は得意な部類に入るというのだ。

 メスの妊娠可能な時期は極めて短く限られているが、連綿と生き抜いてきたのが何よりの証拠。パンダは人間には感知できない発情の匂いを嗅ぎ取り、互いの性ホルモンを推し量って絶妙なタイミングで交尾に至る。

 野生のこの仕組みを邪魔しているのは、人間の方だという。反省しきり…。


エンタメ新着記事

» もっと見る

【動物の不思議】繁殖が下手すぎて絶滅の危機に瀕している?

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP