RaMu 2018年12月27日号

「傘でも人間殺せるとぞ」と脅し、5000円奪う 過去には傘が凶器となった死亡事件も

掲載日時 2018年11月28日 08時30分 [事件] / 提供元 リアルライブ

「傘でも人間殺せるとぞ」と脅し、5000円奪う 過去には傘が凶器となった死亡事件も

 26日までに、福岡県警早良署は福岡市西区アルバイトの21歳の男と、同区理容師の22歳の男を恐喝の疑いで逮捕した。逮捕容疑は、2人が共謀して8月14日未明、同市早良区で、通行していた市内在住のアルバイトの25歳の男性、会社員の21歳の男性に因縁を付けて路上に正座させ、傘を男性会社員の首元に突き付け「傘でも人間殺せるとぞ」「金を出せ、いくら持っとうとや」などと言い、それぞれ現金5000円を脅し取った疑い。

 この事件に対して、ネットユーザーからは「日本も治安が悪くなったな…」「犯人の2人が、より凶悪な事件を起こす前に、逮捕されてよかった」と、事件の凶悪性に対する怒りの声が上がっていた。また、「傘という日常で使う物を恐喝の用途に使う発想が怖い」「傘で脅されたとしても、恐ろしいだろう。本当に殺されかねない」「傘が原因となった死亡事件が過去にあったような覚えがある」といった、凶器に傘が使用されたことに恐怖を感じる人も多いようだった。

 実際、傘が凶器となって、人の命が失われた事件が過去にあった。2015年6月26日の深夜、JR東京駅八重洲南口近くの路上で、50代の男性会社員同士が送別会の後、もみ合いのけんかになり、一方が相手のビニール傘で顔面を叩いたところ、傘の先端が男性の左目に刺さってしまった。被害者の男性は当初は意識不明の重体だったが、その後入院先の病院で死亡。傘で男性を叩いた男は、「酔っ払って仕事のことで口論になって傘で叩いてしまった」と容疑を認めていた。傷害致死の罪に問われたこの男に対し、2016年2月10日、東京地方裁判所は、「偶発的な事案だった」として執行猶予の付いた懲役2年6か月の判決を言い渡した。

 この事件のように、傘で人の命が失われることもある。今回の事件では死傷者が出なかったことは不幸中の幸いだが、誰でも入手できる傘を使い、「殺す」と現金を脅し取ったやり口には、怒りを禁じ得ない。

文/浅利 水奈

関連記事
局部切り取られた男性遺体発見! 現代版阿部定事件発生か?
「ながらスマホ」で自転車…77歳女性を死亡させた女子大生のあまりにもひどい状況
“箸でピザ”炎上のドルガバ事件、日本では「普通に食う」の声や画像投稿も
元厚生次官連続テロ事件 犯行声明ナゼ出ない?
大阪駅通り魔事件で逮捕の38歳女、あきれた供述とクレーマー体質

事件新着記事

» もっと見る

「傘でも人間殺せるとぞ」と脅し、5000円奪う 過去には傘が凶器となった死亡事件も

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP