美女ざんまい「実話劇場」 熊切あさ美インタビュー

芸能・2020/07/23 12:00 / 掲載号 2020年7月30日8月6日合併号
美女ざんまい「実話劇場」 熊切あさ美インタビュー

熊切あさ美

閉じる

 6月で40歳を迎えた、“元崖っぷちアイドル”熊切あさ美。実に16年ぶりとなる写真集で話題の彼女に、最近の恋愛事情など艶っぽい話を直撃した!

――写真集は前作から16年ぶりで、7月17日に発売されるDVDは約10年ぶり。40歳になってますます人気ですね。
熊切 そんなこともないんですけど、この年齢でグラビアのお話があるのは本当に嬉しいです。実は昨年の12月に事務所を移ってすぐにオファーをいただけたので、正直、驚いてるくらいなんです。

――事務所の営業力!?
熊切 そうですね。先輩には鈴木紗理奈さんや私の同期でもある熊田曜子ちゃんもいて、少人数なのに全員が売れっ子みたいな感じの事務所なので、凄いなぁと思っていました。私もそういう事務所に所属できて嬉しいです。

――その写真集ですがなかなかにエロい。緊縛シーンもあるし、40歳とは思えないシェイプされたボディーでした。男性に見てもらいたいカットはどれですか?
熊切 えぇ〜、どこだろう。評判のいいところはお尻ですね。今までは自信がなかったんですけど、今回の写真集のためにかなり鍛えたので、これまでの写真集とは全然スタイルが変わってるんです、クビレとか。

――具体的にはどう鍛えたんですか?
熊切 キックボクシングと筋トレのジムに通ってるんですけど、撮影前はきつめの筋トレメニューをやって限界まで追い込んでいただきました。そのおかげでヒップアップができたと思います。それと、トレーナーさんが頼んでもいないのにバストアップもやってくれるんですよね。やっぱり年齢的に気にしてくださってるんだなぁって思いました。あ、でも、まだ垂れてはいないですよ。

――イメージDVDは具体的にどういうシーンがおすすめ?
熊切 正直に言うと、最初にお話をいただいた時は迷ったんです。というのも、最後にDVDを撮った時は、カメラに向かって「好き♪」とか言うようなイメージだったんです。そういうセリフ、今さら言えないじゃないですか。でも、それは撮らなくてもいいと言ってもらえて安心でした。カメラマンさんも乗せ上手だったので、気持ちよ〜く撮ってもらえました。本当にナチュラルな私なので、今までにない自然体の自分を見せられたと思います。

――いろいろとムフフ♪な回答を期待したのに…。
熊切 自分からは言いづらいじゃないですか(笑)。

――そりゃそうだ。でも、そういう目線で見られるのはイヤじゃない?
熊切 それはありがたいです。出すからにはいろんな方に見てもらいたいし、手に取ってほしい。私の作品になるので、どういう形であってもありがたいです。

――写真集を見て、家族の反応はどうですか?
熊切 それが…親にはまだ言ってないんです。もともと、写真集に関しては親はあまり乗り気ではないので、いつも事後承諾が多かったんですね。厳しく育てられてきた環境もあり…。とはいえ、たくさんの方に手に取っていただきたいので、インスタグラム等でバンバン宣伝しちゃってます(笑)。親は、気づいてはいないと思うんですよね。

――バレたときはどうするつもり?
熊切 仕事が増えれば喜んでくれるので、タイミングを見て言おうと思っています。

★私は“リーチ一発ボディー”

――事務所にはプロ雀士の岡田紗佳さんもいますね。彼女のキャッチフレーズは“役満ボディー”。プロ雀士でもある熊切さんも今後、対戦することもあるかもしれないから、キャッチフレーズを考えないと。
熊切 そうですね。何か対抗したいですよね。リーチボディーでどうですか?

――その心は、あと一歩で上がれるけど、上がれないこともあるから!?
熊切 なんか自虐的ですね。ここは縁起を担いでリーチ一発ボディーにしようかな。

――実践ではどういうタイプの麻雀ですか?
熊切 私はかなり攻撃的です。性格が出ていると思いますね。振り込んだら、その倍上がればいいや、くらいの。ただ、引きだけは強いんですよ。過去にパチンコの番組に出た時も、20人くらいの勝ち抜き戦で優勝しました。パチンコ、1回もやったことがなかったのに。

――それは凄い。でも、男の引きはどうですか?
熊切 もちろん、イイ人もちゃんと引いているはずです!

――芸能人だと、壁があって、一般の男性なんかは寄ってこなくなっちゃったのでは?
熊切 そんなこともなくて、むしろ言い寄ってくる男性の数は前よりも増えているんです。かなりの年下からウンと年上までバリエーションも増えました。

――現在、彼氏はいないんですか?
熊切 (きっぱりと)いません。イイ感じの方はいたのですが、お付き合いするまでには至ってなくて。逆に、今は彼氏がいなくてよかったと思います。だって、写真集をもし見たらイヤじゃないかなぁと思うんです。これまでも、彼氏がいないときに写真集を出しているんですよね。エッチな衣装とか、表情とか、そこまでする必要あるの? と、私が男性なら言っちゃうと思うんですよね。
 熊切はこれまで写真集を4冊、DVDを10本(ビデオ映画含む)出している。仕事がなかった時代には仙台市のキャバクラで働いていたことがあると告白したことも。そこで知り合った客と「結婚したい」と思い悩んだことも。

――色々会ってみて、いま結婚するならどういう人がいい?
熊切 最近はそれほど焦りのようなものはないんですけど、やっぱり…嘘をつかない誠実な方がいいですね。

――もう、あの騒動しか思い浮かばない(笑)。
熊切 好きなタイプはいますよ。この雑誌でも対談させていただいた杉村太蔵さん。背が高くて素敵でした。

――薄口評論家だと言われてますけど?
熊切 そんなことないですよ! それと、東国原英夫さんも素敵だなと思います。おっしゃることが的確で勉強になります。

――あちらは別の意味で薄いんですけどね(笑)。

◆くまきりあさみ 1980年6月9日生まれ。’98年、アイドルグループ「チェキッ娘」のメンバーとしてデビュー。写真集『Bare Self』、DVD『再恋』はともに双葉社より発売。

関連記事
関連タグ
芸能新着記事