美音咲月 2019年7月25日号

中井嘉代子〜神戸テレクラ放火殺人事件

掲載日時 2019年05月10日 06時00分 [事件]

中井嘉代子〜神戸テレクラ放火殺人事件
画像はイメージです

 2000年3月2日早朝、兵庫県にあるテレホンクラブ『リンリンハウス』の2店舗が炎上。何者かによって火炎瓶が投げ込まれ、合わせて客4人が焼死した。

 現場から逃げ去る2人組が目撃され、翌年には逮捕。2003年に実行犯2人に無期懲役が言い渡された。

 だが、2006年2月、会社役員の中井嘉代子(当時65歳)が殺人と現住建造物等放火などの容疑で逮捕される。嘉代子は事件当時、テレホンクラブを経営しており、業界大手のリンリンハウスが進出してくると、客の取り合いで競争が激化。ティッシュ配りの縄張り争いなどで、トラブルも激増した。そのため、嘉代子は地元のアウトローを雇ってリンリンハウスへの嫌がらせを依頼。消火器を噴霧したり、ペンキを撒いたりしたが、たいした妨害にはならなかった。そこで店舗への放火を指示したという。

 裁判で嘉代子は無罪を主張。だが、裁判所は実行犯の証言や謝礼の入金記録などから検察の主張を認め、嘉代子に無期懲役の判決を下した。

関連タグ:鬼畜殺人


事件新着記事

» もっと見る

中井嘉代子〜神戸テレクラ放火殺人事件

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP