人気女子アナ「性器モロ出し」ヘアヌード写真集ギャラ番付(2)

芸能・2019/11/03 21:45 / 掲載号 2019年11月7日号
人気女子アナ「性器モロ出し」ヘアヌード写真集ギャラ番付(2)

新井恵理那

閉じる

 水卜アナヌードは45万部超え

 5位は、NHKの桑子真帆アナ(32)。看板番組『ニュースウオッチ9』を担当。アイドルのようなルックスと、バスト85センチのDカップという豊満なおっぱいで、オジサン人気は絶大だ。
「顔は童顔なのに、すでにバツイチ。’17年にフジテレビアナウンサーと結婚したものの、1年で離婚という元人妻熟女。NHKという清潔イメージとは裏腹に、“性の不一致”が離婚原因の一つとか。彼女のエッチは“毎晩型”で、元夫がノルマをこなせず、“不満爆発離婚”だったとも噂されています」(NHK関係者)

 そんな下半身のイヤラシさは写真集では重要なこと。
「脱げば“NHK初”という最大の売りができる。写真集では、熟し切ったお股を大開脚。可愛い顔に似合わぬ“ジャングル剛毛”だといいますし、『元人妻・ジャングル性器』で部数55万部、ギャラ5億円です」(グラビア雑誌編集者)

 6位はフリーアナの新井恵理那(29)。今、もっとも稼ぐアナといわれる彼女の年収は3億5000万円以上とも。なぜ、そんなに稼げるのか?
「昔から超大物お笑い芸人Tの番組に出ていて、愛人説が浮上したこともあった。そんなバックボーンも彼女の価値を上げたのか、局アナ経験もないのに人気沸騰。とにかく謎が多いのは確かですね」(前出・テレビライター)

 現在、テレビ朝日系情報番組『グッド!モーニング』に連日出演。身長158センチ、B83・W57・H86のボディーだ。
「もともとは水着ギャル。極小水着写真は今でもネットに出回っています。腰のくびれが抜群で、ドテ盛りも最高。また、疑惑とされている元カレとのベッド写真も流出していますから、彼女にはそうした“流出モノ”を集めて構成した、『オムニバス写真集』がおもしろい。部数50万部、ギャラ4億5000万円でしょう」(前出・女子アナライター)

 7位は、日本テレビの“ミトちゃん”こと水卜麻美アナ(32)。彼女は“ぽっちゃりアナ”というブランドを生み、全国の太っちょ女性を勇気づけた。
「太めでもアナウンサーになれるという実例を作った功績は大きい。でも、今年3月放送のバラエティー番組で『カレ氏がいる』と発言。結婚を意識し出したのか、ヤセてきている。B86センチのEカップという『ぽっちゃり写真集』を出版する最後のチャンスです。デブ専の大量買い込みが見込め、45万部、ギャラ4億円なり」(前出・写真集編集者)

 8位は、フリーの小川彩佳(34)だ。彼女は3月までテレビ朝日の局アナ。しかし退職後、アッという間にTBSと契約し、6月より『NEWS23』のキャスターとして登場している。
「テレビ朝日で体制批判し、窓際行き。怒ってTBSに走った気持ちは理解できます。でも、低迷する『NEWS23』の立て直しで入ったわりにはパッとしない。硬派にこだわりすぎている」(TBS関係者)

 いつの間にか東大卒の医師で、会社経営者と結婚。庶民性も薄れてきた。
「早くも、来年春の降板説が浮上しています。降ろされる前に『懺悔ヌード』でしょう。彼女はB86のEカップ。他人のニュースより、自分の裸こそ、スクープニュース。部数40万部、ギャラ3億5000万円」(写真集プロデューサー)
(明日に続く)

関連記事
関連タグ
芸能新着記事