森咲智美 2018年11月22日号

「不倫→ポイ捨て→ヘアヌード…」葉月里緒奈“魔性の新章”始まる

掲載日時 2018年08月30日 22時30分 [芸能]

「不倫→ポイ捨て→ヘアヌード…」葉月里緒奈“魔性の新章”始まる

 かつて“魔性の女”と呼ばれた女優の葉月里緒奈が、三度目の結婚をしていたと8月30日発売の『女性セブン』が報じた。

 「ネット上では『今さら葉月の再婚話にどれほどのニュース価値があるのか』などの意見も散見されましたが、やはりその昔、世間を大いに騒がせた美人女優ですからね。俳優の真田広之と不倫関係に陥り『恋愛相手に奥さんがいても平気です』と豪語して、夫人だった手塚理美と別れさせたのが何と20歳のときでした。当然、大バッシングを浴びる羽目になったのですが、全く悪びれる様子もなく、その後もいろいろな有名人と浮名を流しました」(ベテラン芸能記者)

 1998年、23歳のとき、葉月は篠山紀信氏撮影のヘアヌード写真集『RIONA』を発売し、またまた世間を驚かせた。
「若手のトップ女優が突然の“すっぽんぽん”ですから、世の男性は歓喜の声を上げましたよ。ただその声の中には、『想像以上の“貧乳”と“剛毛”に驚いた』というものも交じっていたといわれています。それでも集計で50万部を記録。大ベストセラーとなりました。もっとも同じ年、ハワイ在住の寿司職人と結婚したと思ったら、わずか2カ月で離婚するという出来事にも驚かされましたが…」(同・記者)

 その後、2004年には不動産会社の御曹司と再婚し、すぐに長女を出産。しばらく不穏なウワサもなく、ようやく安定した家庭を築くことができたのだろうと思われていたのだが…。

 「理由は分かりませんが、15年ごろに離婚していたことが明らかになりました。常に男性がそばにいないとダメなようで、御曹司とは離婚後も一緒に生活していたそうです」(芸能関係者)

 さて、奔放な恋愛をずっと続けてきた葉月の新たなお相手は、どんな男性なのか。『女性セブン』によれば、50代前半の大手企業幹部と報じられており、知り合ったのはまだ半年ほど前だという。

 「葉月は周囲に、『最後の結婚にしたい』と語っているようです。もちろんそのような雰囲気は醸し出していますが、何が起きるか分からないのが彼女の人生。まだまだマスコミのマークは続いていますよ」(同)

 “魔性の女”の新章が始まった。

芸能新着記事

» もっと見る

「不倫→ポイ捨て→ヘアヌード…」葉月里緒奈“魔性の新章”始まる

Close

WJガール

▲ PAGE TOP