菜乃花 2018年10月04日号

松本穂香 男も女も見たい! 21歳ピチピチDカップ巨乳ヌード写真集

掲載日時 2018年09月05日 19時00分 [芸能] / 掲載号 2018年9月13日号

 「今クールの連ドラの中で、“最も感動的なドラマ”だと思います」(テレビ局関係者)
 毎週日曜午後9時からオンエアされている連続ドラマ『この世界の片隅に』(TBS系)。
「太平洋戦争中の広島・呉市を舞台に、ヒロイン・浦野すずが戦禍にさらされながらも、明るく前向きに生きる姿を描いています」(TBS関係者)

 ヒロインを演じているのは松本穂香(21)。
 ちなみに、『この世界の片隅に』は、昨年、劇場版アニメが興収26億円を超える大ヒット。のん(能年玲奈)が主人公の声優を務め、話題となった。
「そんな“大作”のドラマ版ヒロインを演じているのが、松本というわけです。彼女は、昨年のNHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』で、ヒロインと同じ女子寮に暮らす“メガネっ子”青天目澄子役を演じた若手女優。スタート前、局内外では“超大物ばかりが主演を務める日曜劇場はまだ早いんじゃないか”とする声が数多くありました」(芸能ライター・小松立志氏)

 また、こんな“裏の事情”を指摘する声もあった。
「件の『ひよっこ』で主演し、彼女の事務所の先輩でもある有村架純は、10月から同局の連ドラ『中学聖日記』(火曜午後10時〜)に主演することがすでに決まっています。有村は売れっ子ゆえに、昨年来からオーバーワークが続いていますが、その有村が出てくれるならと、最終的に松本の主役抜擢が“セット”で決められたのではないかというものです」(プロダクション関係者)

 それでも、応募者3000人というオーディションの中から選ばれた松本。
「決め手となったのは、彼女の思わず応援したくなるようなアンバランスさにあったようです。原作のすずは芯が強い女性ですが、どこか間の抜けたアンバランスなイメージ。このあたりでリンクするところが松本にあったということです」(前出・小松氏)

 さて、auのCM「意識高すぎ!高杉くん」でも話題の松本は、1997年2月5日、大阪生まれの21歳。
「確か、お兄さんが1人いる4人家族。小さい頃は凄くおとなしい子で、お泊まり保育で寝るときは、心配した先生がずっと横についていてくれたくらい。決して自分からはみんなの輪に入っていけない子だったそうです」(ワイドショー関係者)

 転機となったのは高校時代だ。
「演劇に出会った高1のとき、“冷凍マグロ”の役を演じたことがあったそうです。“出落ち”だったけど最後はサーモンとくっついて終わるという役を真剣にやって、演劇の面白さに目覚めたようです。卒業まで“魚の子”と呼ばれていました」(前出・テレビ局関係者)

関連タグ:貞淑美女タレントの性白書

芸能新着記事

» もっと見る

松本穂香 男も女も見たい! 21歳ピチピチDカップ巨乳ヌード写真集

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP