和地つかさ 2018年9月27日号

伝説のバンド復活、転売グッズの価格高騰で問題に “神対応”に称賛集まるも、後を絶たない「転売ヤー」

掲載日時 2018年08月17日 11時27分 [スポーツ] / 提供元 リアルライブ

 2008年から活動を休止していたELLEGARDENが今年本格始動。ファンとしては喜ばしいことではあるが、彼らは今、数多くのアーティストが悩まされ続けている“転売問題”に直面している。

 活動再開後初となる「THE BOYS ARE BACK IN TOWN TOUR 2018」のツアーグッズが会場で販売されたのだが、すぐに大手ネットオークションサイトに流出し高額で転売されてしまう事態に。対バン相手がONE OK ROCKであることから、コラボTシャツが販売されたのだが、通常価格が2,500円のところ、某大手ネットオークションサイトでは最高で1万円近くの値がついていた。ほかにも、1個500円のキーホルダーが3つセットで6,000円、1,000円のマフラータオルが2,500円と破格の値段に。コラボTシャツと3,500円のキャップをセットで1万円で販売しようとする輩もいた。

 「こうした事態を受けて、ボーカルの細美武士はブログで、本意ではないものの“転売対策”として期間限定でツアーグッズの通信販売をすると発表しました」(音楽ライター)

 いわゆる“転売ヤー”を捕まえることはできないのだろうか? 15日のツアーファイナルで行われたZOZOマリンスタジアム公演では、年齢層が高く明らかな転売目的で並ぶ男女もおり、Twitterで“スタッフが声をかけていた”という報告もある。しかし、こうした男女を取り締まれたとしても、元締めを捕まえないことには意味がない。警察に“転売目的”だったという証拠を揃えてもらい捕まえてもらうしか方法はないのだ。

 もちろん本来の目的で、チケットやグッズを購入したとしても気をつけなければならない。転売自体は犯罪ではないが、大量に商品を購入し利益を得ようとすると逮捕されてしまう可能性もあるし、どうしても行けなくなった場合は転売可能だが、定価以上で販売すると条例に抵触する恐れがある。

 どんなに欲しいアイテムやチケットがあったとしても、高額で購入することは、好きなアーティストを苦しませることを知っておこう。今回の一件で、“転売ヤー”の勢力が、少しでも弱まることを期待したい。

記事内の引用ツイートについて
ELLEGARDEN TOUR OFFICIAL公式Twitterより
https://twitter.com/ELLEGARDEN_TOUR

関連記事
3年ぶり再始動のTHE PREDATORSが8・26ニューアルバム発売
『ジャンクSPORTS』、アスリートの危険なエピソ\ードより視聴者が注目したのは…
10月放送北川景子主演『フェイクニュース』、早くもメディアを翻弄? 『逃げ恥』脚本家が手がける
緊急入院の父・長嶋茂雄氏にコメントのない一茂 テレビ局との「探り合い」が水面下で進行中?
ローラ、ユニセフに1000万円寄付を表\明 称賛集まる中、未だ思い出される“あの問題”

スポーツ新着記事

» もっと見る

伝説のバンド復活、転売グッズの価格高騰で問題に “神対応”に称賛集まるも、後を絶たない「転売ヤー」

Close

マダムとおしゃべり館

▲ PAGE TOP