葉加瀬マイ 2018年11月29日号

死ぬまで現役 下半身のツボ 本音を伝えるセックス

掲載日時 2018年06月26日 20時00分 [官能] / 掲載号 2018年7月5日号

 女性がセックス中に“演技”をすることは多い。
 「ちょっと大げさに感じているフリをしたり、挿れられた時に“すごく大きい”と言ってみたり(笑)。私もよく演技をしていますよ」
 こう語るのは、AV女優で『セックスが危ない!』などの著書もある、竹下ななさんだ。

 男性にすればあまり知りたくない女性の本音であるが、
 「演技をするのは好きな人に悦んでもらいたいから。愛されている証拠と思って欲しいです」
 とのこと。やたらと“こいつ演技しているんじゃないか?”と疑うのは、野暮ということだ。

 ところで、男性だってセックス中に演技をした経験があるのではないだろうか。
 「私が今まで聞いた話で多いのは、射精していないのに“イッた”演技をしたというもの。コレ、中高年からシニア男性の間で結構、多いんですよ」

 早漏の人は不思議に思うかもしれないが、主に遅漏に悩む男性は演技をしていることが多いという。
 「なかなかイケないから、相手の女性に悪いと思ってか、イッたフリをして終わらせちゃうみたいです。また、遅漏の方はピストン運動を続けるのが体力的にもしんどくなって、射精したことにしちゃうそうです」

 なんとも悲しい話だが、こうした演技もまた愛情の一つ。
 「確かにセックスは男性が射精しないと終了しませんからね。正直、なかなかイッてくれない男性とヤッている時は“早くイッて欲しい”と思っている時があります。だから、演技でもいいのでイッて終わってくれたほうが女性も助かるんです」

 決して悪いコトではないのだが、一つだけ問題があるという。
 「毎回のようにセックスで射精できない状況が続くと、だんだんEDになるんです。オナニーでは射精できても、セックスではイケない…。一種の膣内射精障害になってしまうんです」

 その理由は、精神的な面が大きい。
 「EDと同じですね。EDの要因は8割が心因性で、男性は“また勃起しないのではないか”というように自分に自信を失っていると、勃起力がさらに衰えてしまうんです。なかなかイケない悩みも抱えすぎてしまうと、次第にセックスが怖い、楽しめないといったメンタルになって、いざセックスという場面で性的興奮が高まりにくくなるんです」

 しっかりと勃起するけど、射精できない。そのうち、勃起すらできなくなるのだ。
 そのため、射精せずに終わるセックスは極力、避けたほうがいいという。
 「もちろん、無理に挿入して射精する必要はありません。もしイケそうになかったら、パートナーの女性に正直に告白したほうがいいのです。“自分は遅漏だからナカでイクことは難しいけど、気持ちいいから安心して”と言ってあげれば、女性も納得できる。そうやって自分の本音を女性に伝えておけば、変に自信を失うこともないんですよ」

 相手に嘘をついたままでは、自分のコンプレックスはなかなか解消できない。遅漏にせよ、EDにせよ、パートナーに悩みを思いきって打ち明ける。これこそが、本当の愛情ではないだろうか。

竹下なな
精力料理研究家。元AV女優であり、現在はヨガインストラクターとして活躍。大の料理好きでもあり、精力アップのための食材を使った簡単料理を日々、研究している。近著に『セックスが危ない!』(三和出版)。

関連タグ:下半身のツボ

官能新着記事

» もっと見る

死ぬまで現役 下半身のツボ 本音を伝えるセックス

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP